この冬、柄コーデに挑戦したい人に見てほしいクロックスは「サーマルーセント ブーツ ウィメン」です。ノルディック風のトナカイ柄で、温かみのある北欧テキスタイルの新作ブーツ。

大きな特徴は2つで「色柄」と「晴雨兼用」になる実用性だと思います。

クロックス thermalucent boot w サーマルーセント ブーツ ウィメン

起毛感をもたせたソフトな履きごこちも良かったです。カラーは全2色。

色柄ブーツと 裏原宿カジュアル/フォークロア

茶系に北欧風プリントをあしらったタイプは、意外と?WEGOなど裏原ファッションにも、ノルディック模様をポイント使いにした、冬本番のカジュアルスタイルが作れるかも。

メンズライクなモッズコートや、ダッフルコートと相性よさそうです。

クロックス thermalucent boot w サーマルーセント ブーツ ウィメン

(右)黒のベースに、ダークレッドの織物柄の入ったタイプは、ネイティブな風貌から「チチカカ」みたいなエスニックファッションに似合いそうですね。

私が見たファッションショーでは、おおとりを飾るのが、はるな愛さんという・・かなりインパクトの残るブランドだったので、なんか忘れられず(よい意味でね)

フォークロアには、断然、サーマルーセント ブーツ ウィメンが合いそうだなと(笑)思いました。※写真のコーデはチチカカ

「ノルディック柄」は流行に左右されにくい秋冬の定番柄です。年をまたぎ、また活躍してくれそう。

参考/crocsテラスモール湘南店さんが、シンプルで可愛い着画を紹介されていました。一癖ありそうなのに、取り入れちゃえば、コーディネートが決まる色柄なんですね。

クロックス thermalucent boot w サーマルーセント ブーツ ウィメン

2014年に向けて、クロックスはグラフィックプリントに力を入れるらしく、「弾けた感じ」で魅せるシューズも登場するみたいですよ。

晴雨兼用 タフで「柔かな」ブーツ

thermalucent boot wの場合、触ってみたほうがイメージを掴みやすいかもしれない。特に北欧調のファブリックは「布っぽい」風合いに仕上げているので、プリントだと分かりますか?

クロックス thermalucent boot w サーマルーセント ブーツ ウィメン

サーマルーセントの質感は「すり硝子のような風合い」とも表現されている。生地をポリウレタンコーティングをしているそうで、それならば!レインブーツとしても使える

撥水するのに、レインブーツの仲間にしないのが不思議で、クロックスに訊いてみたら、「天候に左右されず、普段から履いて頂けるように」・・長靴ではなく、クロックスブーツとして誕生させた靴なのだそう。

雨に履く サーマルーセントとレインフローブーツwの違い

クロックスサーマルーセントとレインフローブーツ

関連記事/折り曲げられるクロックスの柔かレインブーツrain floe boot

「柄のレインブーツ」で登場しても、面白かった思うけれど(笑)でも、レインフロー ブーツ ウィメンズを履いてる私としては、若干ジェラシーを感じる。

サーマルーセント ブーツ ウィメンは、レインフローよりも柔か系のブーツなんだって。

クロックス thermalucent boot w サーマルーセント ブーツ ウィメン

サーマルーセント ブーツ ウィメン/全2色/女性サイズ 20~25cm

ソフトに気持ちよく履いていられると思います。ブーツの筒部分がグニャっと曲がると、アウトドアなどでパッカブルに持ち運べたり、タウンユースでも飲食店でブーツが下駄箱にちゃんと収納できたり。ゴム長靴とは全く違う感覚の超軽量ブーツです。

全天候型として登場した、2013年のcrocs新作ブーツは、冬柄を取り入れたカラーリングがお洒落でした。

クロックス 公式オンラインショップ