8月1日にオーブンした池袋西武ヴェラブラッドリーショップを見に行ってきました。1982年にアメリカで生まれたヴェラ・ブラッドリーは、可愛さと使い易さを併せ持ったキルトバッグのお店です。昨年(2011年)に日本へ上陸してから、期間限定ショップを展開させたり、少しずつ、いつでもお買い物が出来る常設店も増えてきました。2014-08-24最終更新※

ヴェラブラッドリー ショップ 2012秋   verabradley

西武百貨店のフロア案内をみると(まだ)掲載されていない? 百貨店の窓口、奉仕係に売り場を訊いても「バッグのお店ですね?」と、確認し直したくらい、まだ目新しいブランドみたいですね。 そんな細かなどーでもいい事が気になったのは、かつての私の職場だから。現在も伊勢丹に在籍する友と、今日は百貨店巡りです。

フロアを覚えないと話しにならん業務でした・・→ヴェラブラッドリーショップは2階(中央B6)ファッション雑貨フロアのど真ん中、バッグ売り場が立ち並ぶ一角にございます(アバウトすぎだ)ヴェラの華やかなキルト柄は、遠くから見ても分かるような商品ばかりだけれど、多くのブランドの中の「一部」という感じの店構えなのが、ヴェラ目当てで行ってしまうと、少し残念にも感じます。

ヴェラブラッドリー 伊勢丹 2012年秋コレクション“LOVE TRAVELS”

それも伊勢丹のイベント会場を見た後だからなのでしょうか(記事はこちらです)常設店には随分と落ち着いて見られる状況があり、自分にとっては良かったんですけどね。 あっちの百貨店でヴェラを知り、ブランド熱がスパークしてしまった人が、常設となったこちらの百貨店で、ゆっくりと品定めしてからお買い物をするというのも、方法かも。(※伊勢丹新宿店は8/20までの期間限定ショップです)

でも、西武ではまだ2012秋の新柄が並んでおらず、入荷は月末になるそうですから、新柄狙いの人は行く時期に気をつけて(伊勢丹は世界に先駆けちゃうくらいの先行販売をしたのです)新しい柄はこちらの3種類。夏の爽やかさから一変し、深まる秋を感じさせます。

ヴェラブラッドリー2012秋 新柄 キルトデザイン

 

この日私は結局、池袋西武→新宿伊勢丹→また西武…と、一日グルグルお店を回り、ヴェラブラッドリーを見てようやく自分の欲しいカラーを決めてきました。選んだのはこちらのMocha Rouge(モカルージュ)です。

Mocha Rouge モカルージュ ヴェラブラッドリー vera

昨年の秋に発表され、ピンクの花柄が強くも淡くも配色を調整して見えてくる、暖色系ブラウン。いつかは手にするだろう、好みのカラーでした。 そりゃあ、真っ先に出れば欲しくなるのは、今季の最新デザインなわけで、私の背後には「Portobello Road」「Provençal」も、「Canyon」も!あるのだけれど、秋柄を待った結果に好みを優先して、私は昨年の秋に戻ってみることにしました。

欲しいバッグはもう決まっている。これまで使ってきたトート型が便利だった事から、もうワンサイズ大きめのVera(ヴェラ)に。ブランド名が名付けられたバッグであり、ヴェラ・ブラッドリーさんという女性が一番愛したバッグだったそうです。

たっぷりとしたサイズは安心感があり、私もすぐに気に入りました。大きい・・のだけれど、キルト素材だから軽いのですよ^^

ヴェラブラッドリー vera 2012秋

シンプルなトートバッグに見えて、実は3WAYで使えるのもveraの魅力です。裏地を出したリバーシブルでも使えますので、改めてブログでモカルージュ編をご紹介します。ショップへ行くと、veraというバッグにつきましては、「2WAY」もしくは、店員さんによっては「3WAY」になる使い方を案内してくれると思いますよ。バッグの裏側までお洒落なんですよね♪(画像のカラーはPortobello Roadです)

 

Portobello Road ヴェラブラッドリー verabradley 2012

ヴェラブラッドリーのキルト柄を生み出すデザイナー達は、次のシーズンに来る「流行」を勉強しているのだと、米国スタッフの方からは伺いました。でも、主となるモチーフが花や草木というナチュラルさから離れない限り、トレンドだけを追いかけるようなブランドにはなっていかないと思う。いつの時代に発表されたデザインであっても、廃ることなく持ち続けられるだろう、というのも前作を受け入れた理由です。

新作が生まれる一方で、旧作になるカラーだって出てきます。モカルージュは、なかなかガーリーな配色をしていまして、説明文をそのまま載せても可愛いかった(笑)↓

チョコレートブラウンのベースに咲いた、まるで色とりどりの口紅のパレットのように 華やかで、ロマンチックな花びらたち。手描きスケッチのようなやさしさと、ピンクからやわらかなローズ系の色合いに、スイートバニラのオフホワイトが光を添えます。

Mocha Rouge モカルージュ ヴェラブラッドリー

秋色なので華美すぎず、でもオンナの子らしいカラーだと思います。

ベラブラッドリーの【年代別カラー・コレクション】一覧はこちら

>>ヴェラ・ブラッドリー公式ブログはこちら(英語のサイトです※)