2014年ファッション誌のマリソル(Marisol)で「新ネイビー」が特集されていました。(最終更新/2016-09-25)

スタイリスト福田亜矢子さんによる解説で、女っぷりを3割上げる!カラー。また知性を引き出す“唯一の色”として、大人が着るネイビー色の魅力が語られています。(Marisol/1月号)

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

(アイテムは違うけれど、私もネイビーのUGGムートンブーツを履き始め、この色に敏感になっていました。だから嬉しい特集だ)

本誌では、トップス&ボトムス(スカート&チェック柄パンツ)を取りあげ、ネイビーブルー相性のよい配色について触れているので、コーディネートの参考にしたくなる内容。

読者層アラフォー世代に向けて、大人が着こなす定番色の再フォーカスにもなっています。コンセプトは“今”の感覚でスタイリングしていく事なのだそう。

UGG® のアイコニックなブーツをスリムにアップデートしたAmie(アミ)。すっきりとしたシルエットとトップのカッティング、シームのディテール、低めのウェッジソールで大人のカジュアルスタイルにもおすすめ

大人のトリコロールカラーはクールに

トリコロールといえば、赤/白/青が思い浮かぶのですが・・マリソル流「大人の」3色トリコロールは、ネイビーを軸にした白×黒なのだそうです。

CANTERBERRY COBALT ヴェラブラッドリー Brush and Pencil

カラーをイメージしながら、あっ!?っと、思い出したのが、この冬から使い始めたヴェラ・ブラッドリーのペンケース。(コバルト表記だけれど)配色がクールだと思って、私は仕事用の筆入れにしています。

ヴェラ・ブラッドリーはアメリカのキルトブランドで、季節毎に色柄のパターンを変え、日本にやってくる。多彩なカラーのなかに、流行色も取り入れてくるので、色の使い方が参考になります。

新ネイビーカラーコーディネート

「黒ほど迫力が出ず、ベージュよりも華がある」のがネイビーの魅力なのだそう。相性の良い色合わせをMarisolから拾ってみました。

ビビッドなピンク×ネイビーは、なんとなく印象に残る組み合わせですが、「ペールピンク」をピックアップしていましたね。画像の色はイメージです※

新ネイビーカラーコーディネート 

ロイヤルブルーも今季よくみかける色となりました。「寒色系」同士って、調和が取れますよね。新ネイビーコーデにおいても、その定義でOKのようです。

ボルドーは、ネイビーによって女性度のある色を程良くカラーコントロールが出来る。 レッドだと「派手すぎるかな?」と思う日も、トラッド色のネイビーがいい仕事をしてくれるようです。

新ネイビーカラーコーディネート

大人しくまとめがちなネイビーだけれど、提案された配色により、イメージを変えて使える「色」だと再確認。

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

マリソル公式通販(SHOP Marisol掲載)/ウィメンズ BAILEY BOW (ベイリーボウ)/アグこちらの商品は販売終了しました

私の場合、UGGのベイリーボウは、前から見るとシンプルなネイビーブーツで、後ろから見ると・・リボン使いに、女子力パンチが効いてる(笑)どっち寄りにも、スタイリング出来そうなアイテムです。(全4色あり)

UGGのアイコニックなブーツに機能性をプラスしアップデートしたClassic Mini II(クラシック ミニ II)。

140年以上の歴史を持つイギリス・ロンドンに本社を置くリバティアートファブリックスとのコラボレーションアイテム。< 2016秋冬モデル > 2016/9/7発売

撥水性のあるシルキースエードのスリッパをシープスキンで飾ったAira(アイラ)。

emuのムートンブーツだと「インディゴ」というカラーに近いのかな。呼び名は色々ですが、ジーンズ(デニム)が「ジーパン」とか呼ばれた頃から、ネイビーは、ベーシックな色として付き合っていますからね。

ネイビーを履いてみて思ったのは・・人と被りにくい色。それにカラーコーディネートの幅は広がりそうな?気がしてきた。そんな色に感じています。

最新モデルはこちら⇒UGG(R) ウィメンズ 新作一覧ページ

UGG(R) 公式サイト(アグ 公式サイト)