MAX70%OFF◆WEBアウトレット◆期間限定2018/11/20まで
>>UGG(R)公式サイト
2点以上同時購入でさらに10%OFF!

御殿場プレミアム・アウトレットのUGG(アグ)へ行ってきました。

UGGのムートンブーツ。一度足を入れると、なんというか・・忘れられない感触。足がきもちいいです。

牧羊の国オーストラリアで生まれた伝統ブランドの王道シープスキンブーツ。

どのくらいディスカウントされているのか、気になったので見てきたよ!

UGG(アグ)直営店と直営アウトレット

Ugg Australia 御殿場プレミアムアウトレット

アグの直営店は、現在日本に21店舗。2016年4月6日(水)UGG 横浜タカシマヤ店がオープン

UGG AUSTRALIA渋谷の直営店

今回、行ってきたのは直営アウトレットショップのUGGです。

気になるプライスは最大で50%OFF。公式サイトでも取扱中のモデルでも30%OFFで見つかることも。

またアウトレット限定のブーツというのも、あるようですよ。

半額コーナーなんて「まだまだ☆全然履けますよね!?」って訊きたくなる、ちょっとした傷や汚れが理由の「B級品」が集められた一角があるのですよ。

言っても、靴ですから。数回履いてしまえば出来てしまいそうな小傷でさえB品扱いになるため、ある意味 狙い目なのかもしれません。

UGGアウトレットと限定ブーツ

アウトレットモールの醍醐味でもありますが、プライスダウンされる靴は在庫に「サイズ」と「カラー」のばらつきがあります。

お気に入りの色、自分のサイズがあれば“ラッキー”ということ。

店内では靴の他にバッグや小物類も取扱っていました。サンダル型なんかもあり、UGGは冬だけでなくオールシーズン対応するラインナップになっているんですね。

UGGアグオーストラリア

クラシックなどの定番ブーツはシーズン毎に新色が出てくるので、UGG(R)公式サイト(ネットショップ)にあるのと同じ商品がアウトレット店で見つかったり。

また『アウトレット限定モデル』のUGGブーツは、ムートン(羊毛)は直営店と同じ品質なのだそうですが、アウトソールのデザインが異なっていましたね。

価格はそんなに変わらない。

アウトレット限定ブーツは靴底の形が変えてあり、耐久性があるようにも見えましたので、これはこれで優秀な気もしました。

ムートンブーツ<サイズ選び方>革の特性

あれ?「シープスキン」ブーツを見に来たのだけれど、「牛革」や「羊革」の靴があり、アグが使う素材にも色々な種類があるのですね。

↓羊革のベイリーボウ

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

↓牛革のアンスレー(モカシン)

UGGアグ ムートンモカシン アンスレーシャイニーレオパード

UGGでは、シープスキンが最も有名だと思いますが、カウレザー(牛)やニットタイプなど、異なる素材でつくったシューズも多く取り扱っています。

動物愛護の観点では、UGG®は食肉産業のために飼育された羊のシープスキンを使用。シープスキンのためだけに羊が飼育されるような取引は無く、

つまりは、他の産業の副産物として生じた動物の皮のみを使用しているとのこと(羊の臀部の皮を切り取るミュールシングが一切行われていない羊のシープスキンを仕入れています※)

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

パっと見で、違いがわかりにくい「羊」と「牛」。内側はムートン仕様でも、ブーツの外側の素材が判断しずらい事がたまにあります。

とりあえず、触れてみる。それで、、、

柔らかければ「羊」だと思うよ。肌触りも優しいです。

特にシープスキンは履き馴染んでいくうちに(伸びて)サイズがゆったりしてきますので、初めは足にピッタリすぎるくらいを選んでも良いと思います。

UGGシープスキン ケアと中敷きインソール

UGG純正のブーツケアは3種類あります。

消臭スプレーの「Show Renew(シューリニュー)」、撥水効果を施すケアスプレー「STAIN&WATER REPELLENT(ステイン&ウォーター リペレント)」、

水洗いができるクリーニングおよびコンディショニングのために開発された「SHEEPSKIN CLEANER&CONDITIONER(シープスキンクリーナー&コンディショナー)」

こちらの商品はリニューアルしました

使い方UGG® シープスキンクリーナー&コンディショナー

日常的なお手入れはブラシを使ったケアを。簡単な汚れを落とし毛並みをきれいに揃えます。スカフイレーザー(傷消し)ブラシ付きのUGGケアキット(セット品)もあります。

新着アイテムはこちら(単品も販売しています)

UGG (アグ) ホームコレクション UGG CARE KIT (NEW) アグ ケア キット NA S

柔らかなシープスキンは、天然素材の良さを活かすためにも、雨の日の使用はおすすめしていないとのこと。

更に、念のため行っておきたいのが、STAIN&WATER REPELLENT (ステイン&ウォーター リペレント)の撥水スプレーです(写真は旧製品)

UGGのブーツメンテナンス「ステイン&ウォーターリペレント」

目的は「撥水効果」ですが防汚にもなりますので、ブーツが新しいうちに使っておくと良いそうです。汚れたままの状態で使用するとスプレーが汚れも一緒にとじこめて定着してしまうからです。

デリケートな素材には専用ケア用品が安心というのも本音です。私も使っていますがコスパはいいと思いますよ。

UGG (アグ) ケア・クリーニング UGG PROTECTOR (NEW) アグ プロテクター NA S

UGG(R)公式サイト