なんども見て、買いかけているリゲッタ(Re:getA)をとうとう買いました。

選んだのは、リゲッタ アンクルベルト付き9cmハイヒールパンプス(スタッズ)です。

リゲッタのなかで、9cmは一番高いタイプのハイヒール靴。スエード調の生地は柔かく、アンクルベルトで歩き易さがサポートされる、リゲッタです。

リゲッタ(Re:getA) アンクルベルト付き9cmハイヒールパンプス(スタッズ)

リゲッタ(Re: getA) アンクルベルト付き9cmハイヒールパンプス(スタッズ) レディース

ハイヒールなのに、コンフォートシューズに分類されるのだから、リゲッタは凄いよ。日本の靴の底力を感じる。

リゲッタ(Re:getA)

足の悩みを抱える女性たちに向けて、靴の履き心地を追求した、ジャパン・ブランド。“下駄をもう一度”という発想から生まれたネーミングをもつ、日本育ちのシューズです。

 

初リゲッタ。サイズ選びに、めちゃくちゃ迷いました。

リゲッタのサイズ選び(に迷った)

リゲッタ公式通販のオペレーターさんとも話し「リゲッタは商品毎に、サイズ感が違います」と教えてもらう。

・・そうなの?!同じように見えても違うのですね。私の場合「MかLくらい?」という感覚で、リゲッタを買うことになる。

ただ、素人がメジャーで計測しても、イマイチわかりにくかったので、やはり履いてみるべきだわ。

リゲッタ(Re:getA) アンクルベルト付き9cmハイヒールパンプス(スタッズ)

リゲッタ取扱店によって、サービスも違ってくるみたいですが、公式通販ショップのアフターフォローがとても良く、送料を負担せずに交換返品が「繰り返し」行えるのよ。

Mを買って→ Lがよかったかも?と思って交換して→ やっぱりMのほうが良かった。というワガママも一応はOKとのこと(室内試着、商品到着後11日以内に限る)こんなお客さんがいっぱいいたら、ショップが困るでしょうけど。

でも、そこまで言ってくれるなら。初めてでも、思い切って買うことができます。ネットでも安心感がありますよね。

ワンサイズの違いで迷ったとき

とりあえず、届いたリゲッタを履いてみたけど、サイズは「大丈夫そう」な感じ。

私は普段23.5cm~24cmの靴を履きますが、リゲッタ アンクルベルト付き9cmハイヒールパンプス(スタッズ) は、Mサイズ(23.0~23.5cm相当)でいけそう。

でもパンプスを履いていて、足が痛くなるのは、靴を履いてしばらく経ってから・・なんですよね。

ハイヒールを選んだこともあり、足先に集中する自体重で、リゲッタの「硬さ」が気になりました。いつもクロックスばかり履いているからね(笑)わたしは一般的な靴が硬く感じてしまうんだ。

リゲッタ(Re:getA) アンクルベルト付き9cmハイヒールパンプス(スタッズ)

リゲッタは、足をホールドするインソールに特徴があり、ヒールカップや、足に合わせたアーチ型など、形成のカッチリした靴なんだね。

かかとは、穴あき(ルーペホール)デザインの採用で、ヒールカップに薄さが出るように。履いたとき、窮屈にならないように作られているらしい。

リゲッタ(Re:getA) アンクルベルト付き9cmハイヒールパンプス(スタッズ)

立体的に模られたインソールと(穴と)、3E相当の幅広ワイズをもつ、リゲッタ。大きめを選ぶか、小さめを選ぶか、本当にどちらにするかで、迷う。

わたしの場合、靴の硬さが気になったので、つま先だけ、市販のジェルパッドを併用したほうがラクそうだから、MからLへ、一回目のサイズ交換をしてもらうことにしました。

つづき ⇒ サイズ交換したリゲッタ・レビューはこちらです

リゲッタ公式サイトショップでは、靴の種類が豊富ですし、返品交換もスムーズに行えますよ。

<リゲッタ/リゲッタカヌー>コンフォートサンダル・おすすめショップ

Re:getAのスタッフさんとイベントでお話する機会があり、リゲッタ取扱ショップについて訊いてきました。偽物リゲッタまで出てしまっているらしく、せっかく足の為に選ぶ、コンフォートシューズなのに残念ですよね。

「本物はどこで買えばいいの?」と思っている方に。おすすめのショップを紹介します。

リゲッタカヌー 2015春夏 コレクション 展示会

リゲッタが購入できるショップはこちら

新聞やテレビショッピングなどで「リゲッタ」を知った方も多いのではないでしょうか?

ネット通販でリゲッタを探すなら、種類が豊富な専門店の「リゲッタ公式サイト」。そのサイトの運営元である「イオンサクワ」の総合通販でもお取扱いしています。

またリゲッタの生みの親、靴職人の高本氏が代表を務める会社「シューズミニッシュ」の通販からもご購入いただけます。

リゲッタ公式サイト