2019年の春夏クロックスから、 Classic Vivid Blooms Clog(クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ)を履いてみたモニターレビューです。

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ
当記事は商品の提供をいただいた上で執筆しています。協力/クロックス公式オンラインショップ

ユニークな新作サンダルを続々と発表するクロックスですが、「クラシック」は一周まわって回帰するような、ブランドのアイコン的存在のシューズ。

最もシンプルながら、変幻自在で毎シーズンのスタイルを楽しめるコレクションになっています。

今作には、かなり女子力を感じました。花咲くクラシッククロッグをご紹介します。


クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

  1. Classic Vivid Blooms Clogの特長
  2. シューズの着用イメージをみる
  3. ショップ情報・関連アイテム

Classic Vivid Blooms Clogの特長

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

リラックスできる馴染みのある形。

合成樹脂(クロスライト)素材がもつ、クッション性と弾力。

素足で履けば、足裏で感じるポツポツした突起が気持ちいい。

クロスライトの一体成型で足を包み込む履きごこちで「これぞクロックス!」と思わせるサンダルが、

Classic Clog(クラシック クロッグ)です。

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

アメリカで生まれたクロックスが日本に上陸した際に、USファーストモデルだった「ビーチ」から→「クラシック」にシューズの名称を変えたため、

日本で販売された、初代モデルのクロックスが「クラシック」なんですよ。補足/2010年から「ケイマン」がクラシックに名称変更され、現在のサイズチャートに至ります

歴史を感じる、いわばブランドの代表作なのですが、

ベーシックだからこそ、いじられ役なのかしらね??デザインがブラッシュアップされる靴として、常に変化もしているんです。

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

掲載カラーは「Oyster」です。純白じゃなくて、クリーム色がかった白です。

着用イメージの項でも、ユニクロの真っ白なレギンスを穿いているので、色比較できると思います。

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

お医者さんが履くような白いクロックスよりも、パール感のある光沢が感じられます。レフ板効果ありそうww

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

Blooms(ブルームズ)のシリーズには、フローラルチャームが付いています。

このお花は取れません(シューズアクセサリーのジビッツチャームとは異なります)くっついています。

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

<別カラーはこちら/Classic Vivid Blooms Clog>

フローラルチャームを施したクラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグは、エレガントでも遊び心を忘れない毎日のスタイリングを演出します。初夏はもちろん、シーズン問わずご利用いただけます。

・足にしっかりフィットする可動式ヒールストラップ付き

・「クロスライト」素材を使用し、軽い履き心地とクッション性を実現

・(甲):合成樹脂/TPU、(底):合成樹脂

商品説明はクロックス公式オンラインショップより抜粋しています

シューズの着用イメージをみる

私事ですが、クラシッククロッグはここ数年、家でスリッパとして履いている靴なんですよ。

細かいこと言うと、、夏は熱がこもりにくいフリップ型(ビーサン)で、冬は暖かなライナー付きのもこもこクロックスに衣替えするけれど、

クラシック」は年間を通して長く活用できる、シューズタイプのサンダルです。

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

(お花が咲いてるBloomsは、女性向きのデザインだと思いますが、)

サイズ感は、男女兼用のシューズとして作られていますので、男性の足幅にも対応する「ゆったり」した履き心地も気に入っています。

とてもラクチン◎

#フーディーワンピ/merlot #レギンス/UNIQLO #ボディバッグ/TAKEO KIKUCHI
クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

過去にはハイブランドとのコラボシューズが登場したり、クロックスの『この形』はもう、確立された象徴です。

ただ、全てのお洋服と相性が良いかというと、そーでもない??気がするので、私の場合は『室内履き』がベストな付き合い方みたいです。

 

クロッグを室内履きにすると、イイこと♪もあるんですよ(↓下記参照)

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

✔外で履くより、摩耗しない

✔素足に履きたい。柔らかさと防臭性

✔ワイズゆったり。足がむくんでも干渉しにくい

 

それで、せいぜい家事をやるくらいだけれど、医療や飲食など長時間の立ち仕事に従事するスペシャリスト向きのワークシューズも、基本はクロッグタイプになっているんです。

合成樹脂素材の防水性とイージーケアも魅力だと思います。

あと、ウチは一部が和室だから(-д-;)土足って言われないように、

着脱がラクな点も、スリッパ化しやすかった理由ですね。

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

もちろん、外履きだってOK。むしろデフォルトです。

Classic Vivid Blooms Clogは、装飾がとても華やかなので気分まで上がりますよ♪

そんな靴を“部屋で履く”という贅沢に、幸せを感じていたりします。。

クロックス Classic Vivid Blooms Clog クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ

【クロックス公式】 クラシック ヴィヴィッド ブルームズ クロッグ Classic Vivid Blooms Clog ウィメンズ、レディース、女性用 ホワイト/白 22cm,23cm,24cm,25cm clog クロッグ サンダル

ショップ情報・関連アイテム 2019-06-20更新

当記事掲載のアイテムはクロックス公式オンラインショップでご購入いただけます。

2019春夏コレクションに女子力高めのサンダル・フローラルチャーム付きの「Blooms」がクラシックスローンクロックバンドから登場しました。

定番のクロックバンドは、プラットフォーム(厚底)タイプに進化。大人っぽいカラーバリエーションになっています。

クロックス 公式オンラインショップ

>>クロックスのお得なセールページはこちら