antiqua(アンティカ)のスカートは、地面に引き擦って穿くのだろうか?

私がアンティカを着るようになって最も衝撃を受けたのが「スカート」の着崩し方です。モデルさんの足元を裾が覆い、地面に着くかのように穿くんですよね。

現実的ではないけれど、魅せられる。

そんなantiquaのデニムスカートを実用的に(普通に)穿いてみたレビューです。

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

アンティカの「服」と「写真」が好き。コンセプトは『普通に着るアンティカ』。着崩さない。ポージングしない。そういう写真も購入前に見たいな、と思ったので撮ってます。+antiquaコーディネートをご紹介します。

 

 

メーンで着てみたのはこちら


デニムスカートサロペット『手間暇かけて仕上がった傑作。』##

  1. <ディテール>デザイン・素材
  2. <コーデ>着用イメージをみる
  3. ショップ情報・新作アイテム

<ディテール>デザイン・素材

まず、はじめに。

正しい着方はわかりません。多分こう着るんだろうな、とか、体形に合うように自己流で着ています。

それくらい、ボタンがいっぱいあるんですよ(どことどこを留めるのか不明)

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

✔全2色(色落ち水色/ヴィンテージブルー)

✔M / Lサイズ展開

サロペットデザインだから出来ること。肩紐をかけたりかけなかったりで、グンと雰囲気を変える事が出来るんです。古き良き時代の物創り、それはそれは細かく厳密に丁寧に計算され創り上げられています。そういう物創りに対する拘りはそのままに、例えば素材だったり色落ち具合だったり。それはまさしく、大切に大切に穿き込まれた一点もののヴィンテージスカートのよう。

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

フロントはボタンフライ。ウエストは2段階にボタン調整可ですが、私の場合、生地がもたつく為きれいなフィットではなかったです。

アンニュイなフィット。

巻きスカートを着用する時のような紐があるので仮留めっぽく、とりあえず固定します(下図)

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

しかしこうするとボタンの位置的に、斜め気味のボタンフライ無用となる。留めにくい位置のボタンは使用せず、

スカートの前を合わせるために少し強引に、斜めにフロントで留めるイメージ。

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

センターにタックが寄るデザインです。デニムにふわっとしたラインが生まれるんですね。

 

普通に着るとこんな感じ

身長157cm/Mサイズ着用

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

丈(脇) ウエスト ヒップ 裾周り 肩紐の長さ
93 78 104 148 最短104最長105

✔とっても長い肩紐

サロペの肩紐が長いです。垂らして着崩すのなら良し。

スカートを吊る形で着るならば、結んでしまってもよいと思います。

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

二段階のボタンホールが付いています↑

こちらは結んで調整した場合です↓(さらに短くなります)

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

 

antiquaモデルさん着用イメージ・商品詳細はこちら

デニムスカートサロペット『手間暇かけて仕上がった傑作。』##

↓<これも着てみた>花柄トップス/写真映えします!肌触りも良い。

<コーディネート>着用イメージをみる

ロング丈、オーバーサイズが魅力のデニムサロペットスカートです。

自分は身長が高いほうではないので、現実的に着るには(歩行に支障のないスカート丈で穿くには)工夫が必要でした。

インナーもいろいろ試してみましたよ。ニット、シャツ、カットソーと合わせてみました。

 

↓薄手のカットソーと。そのままのサイズ感で着るとアンティカのコスプレみたいだわ(写真なら良いけど動きにくい)

アンティカantiqua デニムスカートサロペット
#トップス/スカート/ネックレス/ブレスレット/日本製本革編み上げブーツ/全てantiqua

インナーを薄手の綿ニット、靴もヒールに変えてみました。

今のところ、個人的にはこのスタイルがベストです。動けるし!

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

ざっくりニットはウエストINで詰め気味に。弛んだ肩紐も意外とひっかかり易く、後ろをクロスにするとズレにくいです。

アンティカantiqua デニムスカートサロペット
#綿ニット/antiqua #ネックレス/UNITED ARROWS #パンプス(7cmヒール)/asics

 

↓アンティカのレーヨン白シャツと。(ドルマン、前ねじりタイプ)ねじりは前着丈がもたつくのでシンプルな形のシャツがよいかも。

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

↓中厚手のニットソーと。

肩紐を結んで短くすることでスカートを吊って穿いています(この形がデフォルトかもしれないし、実用向きです)

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

全体のバランスです。

アンティカantiqua デニムスカートサロペット

余談ですが、アンティカを着るようになってからYOSUKE USA(ヨースケ)の厚底靴を履く機会が増えました。長めのスカート丈、パンツ丈に対応するためです。

またヒールパンプスの活用などで、小さいながらもそれなりにビッグシルエットを楽しんでいます。許容範囲はありますが、まあまあ華奢に見えるのがいいですよね。

 

➡アンティカ「ワンピース・サロペット」一覧はこちら

ショップ情報・関連アイテム 2018-12-05更新

当記事掲載のアイテムはantiquaでご購入いただけます。
2018/12/03よりお取り置き・同梱サービスが終了。送料も改定しています

●送料(宅配便 北海道/沖縄 1000円 ・その他の地域 790円)

●メール便対応商品 全国一律 350円

●10,000円(税抜)以上で送料・代引き手数料無料(沖縄や離島など別途手数料がかかる場合があります)

●返品・交換は商品到着から一週間以内(返品・交換条件あり)