このクロックスは、医療系の仕事に従事される方や、ケアワーカー(介護福祉士)さんなど、勤務中に立ち仕事が多くて、ゆったりシューズを履きたい時に向いていると思います。

全く関連性のない受付の私も履いていますが、サンダルは足がリラックスできますよ。

立ち仕事×クロックス ワークシューズ

クロックスワット ベント

受付業務といっても、接客に伴うPC操作とお茶出し・・までのところもあれば、受付+事務+お掃除までこなしたりと、職場環境の違いはありますので・・

今回は、パンプス勤務では脚が痛いかな?と思い、「クロッグ」型を選びました。自ら動き回りたくなるような、フットワークの軽さも魅力です。

クロックスワット ベント

形はよくあるクロックスですが、機能性が重視され、デザインや靴のパーツも少し違ってくるようです。

足を酷使し、足が疲れやすい人達へ。クロックスには医療、厨房、接客業向けパンプスなどもあり、着用シーンやTPOに合わせて選べるコンフォートシューズが揃えられています。

医療ドラマとcrocswatt vent

テレビの医療ドラマに「白クロックス」が登場する場合は、crocswattや、crocswatt ventの確立が高いかもしれません。

これらは、クリニックや医療施設向きに開発されたクロックスです。白衣専門店が取り扱うなど、特に医療現場との関連が強いシューズなので、着用アイテムになっているのかも。

関連ブログ医療ドラマの白クロックスcrocswatt ventが病院で履かれる理由

クロックスワット ベント

コンフォートシューズを室内履きで使う

購入当初は、シンプルな色で、仕事に使う靴とだけ決めて「クロックスワット ベント」を買いました。

実際に、ワークシューズには無い色のクロックスで病院内を歩かれる、お医者さんも見かけますので、サンダルの気軽な履き易さで、crocsが選ばれることもあるようです。

手入れも簡単で上履きに使い易い、ベーシックなクロックスサンダルをまとめたブログを紹介します。

クロックスワット/クロックスワット ベント

本来は、病院で履く事を目的に作られたシューズです。放電(ESD)成分のパーツが、静電気対策として、計器に影響を及ぼさないように取り付けられていたり、特別なスペックが備わっているようですね。

関連ブログ医療用シューズクロックスワットベント放電ESD成分が静電気を分散

ロープライスで復活「クラシック」 

最近、初代クロックス「クラシック」が新色を携えて蘇り、 NEWプライスになっているのはご存じでしょうか?

大人用シューズの定価が、発売時より値下げされ、正規品のクロックスをより気軽に試せるようになりました。一番シンプルなスタイルが、良心価格になっている点でおすすめです。

関連ブログクロックス歴代モデルUSシューズの日本上陸からケイマンに継ぐクラシック

クロックスワット/クロックスワット ベント 

私はクロックスっぽくないシューズを好む傾向があるため、機会があれば、履いてみたいと思っていたデザインを、仕事で着用することにしました。一応、目的には合っていると思います。

クロックスを象徴するのは、やっぱり「クロッグ」のこの形?なのかな、と思って、実用向きなワークシューズを選択。履き心地は柔かく、前面に穴がないので清掃時に、汚れるのを気にせず動けていいかもしれない。

クロックスのワークシューズはこちら

クロックス オンラインショップ