ヴェラ・ブラッドリーのバッグや小物には洗濯機で洗えるものが多いんですよ。使い勝手が良いと毎日愛用したくなりますが、衛生面もおざなりにしてはならない。ヴェラが可哀そうです。

汚れたら「洗う!」それが一番気持ちいい。今回はCoin Purse(コインパース)を洗ってみました!

verabradley Coin Purse

バッグに詳しいスタッフさんとお話する機会があると、気軽に「洗濯機で~」洗ってOKだとおっしゃるのですが、ダメ~私にはその勇気がありません。ここはまず、手洗いでいかせてもらおう。

ドライマーク衣類の洗濯方法をとりますが、おしゃれ着洗い用の洗剤はかえって使わないほうがいいそうです。オフィシャルオンラインショップによる基本のお手入れ方法をご紹介しますと、綿100%の製品のお洗濯には中性洗剤のご使用がお勧めで、漂白は避けたほうがよいそうです。バッグなど底板が入っているタイプは取り外してから洗います。

verabradley Coin Purse

普通の汚れなら・・普通の洗剤を使えって事ですよね。私が洗濯しようと思った理由は・・・このブログにも書いていますがが新大久保にサムギョプサルを食べに行ったとき、飲食店の名刺をもらってヴェラのポーチと一緒にしまっておいたら、名刺の赤いカラーリングが色移りしちゃったんです。

帰宅後すぐに手洗い開始です。うっすらピンクに色付いたくらいだし、これならまだ無かったことに出来るのでは!?パニクった状態での私は普通の洗剤を使うことなんて考えていませんでした。

ですから、使用した洗剤はこちらになります。色柄ものに安心な酸素系漂白剤。ヴェラ・ブラッドリーでは「漂白はお避けください」とされていますのでオススメはしません。

wash

ヴェラ・ブラッドリーの素敵なデザイン柄が真っ白になってしまったりしたら、かなり後悔するかも。Night and Dayというデザインはハッキリとした白・黒・グレーで描かれた絵柄です。黒が薄くなるのも嫌ですし、白に他の色が色移りしてしまうのも嫌。

verabradley Coin Purse

やさしく手洗いしていきます。部分洗いする予定だったのですが、全体に行きわたるくらいに洗剤が広がっていってしまいました。ファスナー部分など金属には不向きな洗剤を使っている事もあり、さすがに心配になってきた・・。

verabradley Coin Purse

verabradley Coin Purse

念入りに濯ぎを繰り返し、洗いあがった状態のヴェラ・ブラッドリーのコインパース。若干クタっとしていますので、手で軽くプレスするようにキルト生地のシワを伸ばしてから干してみることに。

濡れた状態では裏地のカラーが透けるように表面に見えていたため、色移りしたのかと思いましたが・・乾いてみると消えていましたので大丈夫です。洗ってもヴェラ・ブラッドリーの色柄は他の色と混ざってしまうことはありません。

乾燥には枕干し用のネットを使用しています。型崩れさせにくいので便利。枕サイズくらいまでのバッグなら、これが使えますね。

verabradley Coin Purse

一回、洗濯したくらいでは全く問題ありませんでしたが、ファスナーについているリボンは簡単に外すことが出来ますので、ほつれや型崩れ防止に外してもいいかな、と思いました。

verabradley Coin Purse

今回の洗濯で復活したコインパースです。汚れも全て落ちました!しっかりとしたキルト素材で作られていて、程良い堅さをもつヴェラ・ブラッドリーの小物は洗って清潔に持ち歩けます。(新品状態のSmall Cosmeticと比較していきます)

verabradley Coin Purse

少し手荒な方法を取ってしまいましたが、洗濯前と後での状態を比べてみて気になるダメージは見当たりませんでした。洗い上がりのパリっと感は手触りに出ているのかもしれない。(もしくは私の洗剤チョイスが・・・なのか)

長く愛用していく中で生まれる布の味わいといいますか、革製品にも似た付き合い方をしたくなりました。ジャブジャブ洗えるという点では、もっと気分がいい!ヴェラ・ブラッドリーに愛着をもてる方ならメンテナンスする事さえ楽しくなるのではないでしょうか?そうして使い続けていける品質も魅力だと思います。

ベラブラッドリーの【年代別カラー・コレクション】一覧はこちら

>>ヴェラ・ブラッドリー公式ブログはこちら(英語のサイトです※)