ヴェラブラッドリーは女性だけのブランドじゃなかったらしい。私も想定外だったけれど・・・

男性ユーザーの方もいらっしゃるようです。使っているのはDitty Bag(ディティー・バッグ)。コロン♪とした丸い巾着式のバッグに、どんな使い道があるのか教えてもらいました。

VeraBradley  Ditty Bag ディティーバッグ

verabradleyはキルト生地に特化していると思いきや、大半は・・そうなんですけど、実用面の使い易さのためなら、絶対にキルトだけをバッグに使うわけでもないようです。

ディティーバッグは表面にキルトを使っていない、コットン地のバッグ。そして、内側にはプラスチックシート加工がされています。ビニール素材を貼ってある感じで、汚れてもサッと拭けばお手入れは簡単。ちょっと濡れたものを入れてもOKだそうです。

VeraBradley Ditty Bag ディティーバッグ

バッグの大きさは、21.6 x 34.3 cm です。お話させてもらった男性の方は、ジム用バッグに使われているそうです。おフロ用の・・と、おっしゃっていた事も聞き逃しませんでした(笑)

私の想像では、シューズや着替えをもってフィットネスするという目的より、お風呂に通われているのかな?と。(結構いらっしゃいます、そういう方)ディティーバッグのサイズ感を見ていますと、スポーツするための着替え一式&シューズを入れるような大きさではないのですよ。

VeraBradley Ditty Bag ディティーバッグ

 

内側に汚れ防止のプラ素材が使われていますので、お風呂バッグ・・というか「ポーチ」には、丁度良いサイズだと思います。

帰りに濡れたタオルなどを入れても、大丈夫そうですしね。

 

また、ジムではフラダンスをされる女性が、ヴェラブラッドリーを愛用されるケースも多いそうです。

ハワイアンキルト繋がり?でしょうか・・?

シューズの要らないフラ。フラダンス衣装・パウスカートを入れて通うのにも、ディティーバッグは使えそうですね。

また、旅行用のポーチとしても、使い勝手が良さそうですし、「ランチバッグ」等、目的はいろいろありそうです。

 

VeraBradley Ditty Bag ディティーバッグ

巾着の口をしめると、こんな感じです。

VeraBradley Ditty Bag ディティーバッグ

画像のカラーは、小さなペイズリー柄で大きな花を描いた「Rosy Posies」です。どちらかと・・・・いうと?男性向きではナイ、明るめのお色だと思います。

季節ごとに新作を発表するヴェラブラッドリー。夏の柄は明るめのお色が多い印象でしたが、秋はシックに、トーンダウンしたカラーが発表されるようです。

ベラブラッドリーの【年代別カラー・コレクション】一覧はこちら

>>ヴェラ・ブラッドリー公式ブログはこちら(英語のサイトです※)