秋らしい暖色系に、トレンドの千鳥格子柄の組み合わせ。ヴェラブラッドリー2013冬 柄をピックアップしました。

ん?秋なのか、冬なのか。NEW fall2013であり、今季ヴェラのウィンターコレクション。米オンラインストア発売日より、一ヶ月以内に、日本へも上陸してくるみたいだ。

  1. Vera bradley2013冬カラーコレクション
  2. ウィンターコレクション Bittersweet(ビタースウィート)
  3. 海外ヴェラブラッドリー コーディネート

Vera bradley2013冬カラーコレクション

CANTERBERRY COBALT ヴェラブラッドリー Brush and Pencil

  • Olivia Pink(オリヴィアピンク)
  • iconBittersweet(ビタースウィート)
  • Canterberry Cobalt(カンタベリーコバルト)※写真

アメリカ生まれのベラブラッドリーの「色」。日本から、発信されるカラーとは違う魅力があります。日本人のニーズに合う、シーズンカラーの入荷が切望されるところ・・。

ヴェラブラッドリー イングリッシュローズ クレア斜め掛けバッグ 柄×柄

ちょうど、今年の春頃から、柄パンが流行し、ファッション誌でも多く取りあげられていました。特にフラワーベースに人気が集中した為、柄on柄で、ヴェラのバッグを持つことに、正直、苦戦もしました。

柄の「合わせ方」が難しく、 ヴェラブラッドリーショップのインテリアにみるような、素敵な色の使い方がしてみたい。

NaRaYa(ナラヤ) リボンバッグ ネイビー トート

NaRaYa by tamyバッグ【Naraya】

私の場合は、夏場はタイのコットン&サテン・ブランド「NaRaYa(ナラヤ)」をもつ事が多かったかな。

代表的なのはリボンバッグ。リーズナブルながら、見た目良し!サラリとした生地感がシンプルで可愛さもあります。

キルトバッグが、もともと好きで、服に合わせ易いよう使い分けていますが、本革にも合皮にもない「風合い」が良いですね。

一方、ヴェラのキルトパターンは、Verabradleyデザイナー達が感じた、インスピレーションによるものだそうで、春夏秋冬にお目見えします。とてもカラフルで独特な世界観のあるブランドです。

もくじに戻る

ウィンターコレクション Bittersweet(ビタースウィート)

黒、ディープカーキ、リネンホワイトという大人カラーを鮮やかな赤、ビタースウィートオレンジ、イエローゴールドが暖かい印象に変身させました。裏地はシャープなモノトーン千鳥格子。コートに映える上品な雰囲気です(Vera Bradleyオフィシャルストアより抜粋)

裏地に使われるカラーの「千鳥格子」は、シーズンレスながらも、日本女子の間では、今季トレンドとして人気のあるデザインです。

先日行われた、日本最大級のファッションと音楽の融合イベント「GirlsAward 2013A/W」では、ViViモデル達が着用し、ランウェイを歩く姿がみられましたよ。

大石参月さん着用

sukinano sorry no photo

MURUA [先行受注] *[Girls Award]ボートスタンドTOPS

ブラックをキーカラーにもっていくと、コーデし易そうですね。veraバッグの場合は「裏地」という控えめさも良くて、大人っぽく流行のポイント使いが出来そうです。

もくじに戻る

海外ヴェラブラッドリー コーディネート

ヴェラブラッドリー公式ブログhttp://insidestitch.com/に掲載された「Bittersweet(ビタースウィート)」のファッションコーディネート案です。参考用に。

アジア圏でも・・活かせるかも?しれないよ。着用イメージとして、今季ビタースウィート(千鳥格子柄)を持つための、トレンドキーを抜粋しました。こんなイメージで自分なりにファッションをアレンジしたら、楽しいかもしれません。

  1. メンズウェアとレディースウェアの統合
  2. 古典的な千鳥格子、テーラードスーツ
  3. ツイードやキャメルのコート
  4. デニムで着る、レザージャケット
  5. ウィンターホワイトのアンサンブル。単色の赤
  6. ゴールド&チェーンジュエリー。アニマルプリント

リバーシブルで使えるタイプのバッグもありますので、裏地の魅力に気付いてあげると、一層お洒落にveraを満喫できますよ。

リバーシブル ヴェラ トートバッグ

↑ヴェラブラッドリーのバッグを裏返しして、「裏地」を魅せるように使っています。

この使い方をするときにオススメなのは「vera」大型トートです。ヴェラブラッドリーの「ヴェラ」というバッグは、縁を折り返しても格好よくなるような作りをされています。

ベラブラッドリーの【年代別カラー・コレクション】一覧はこちら

>>ヴェラ・ブラッドリー公式ブログはこちら(英語のサイトです※)