エミューのムートンブーツには、撥水・防水加工されたモデルがあります。雨や雪によってコンディションがよくない日も気にせず、毎日あったかく過ごせるのがいいですね。(最終更新/2016-09-25)

エミュEMU STINGER MINI(スティンガーミニ)

ブランド自体は20周年のアニバーサリーを迎え、ルミネ等に冬季限定ポップアップ店舗が登場しています。しかし直営店は、未だに日本には無いと聞きますので、現状 購入先は通販や正規販売代理店などが主になっているようです。

エミューで温活<全天候型>ムートンブーツ

足元から温めるなら、冬は温活効果の高いシープスキンブーツが最強。なかでも名詞的なブランドがUGG(アグ)や、emu(エミュー)だと思います。

さらにエミューは、Water Resistant=耐水や、Waterproof=防水機能特化したモデルとしての人気が高い。

天然素材を贅沢に踏む足裏には、羊毛のボリューム感がダイレクトに伝わり、寒気から守られているような暖かさを感じられるはず。

EMU(エミュ)のシープスキンブーツ

↑この冬から履き始めた、エミューのスリッパ。フローリングなどの底冷え対策にもいいですよ。

<耐水と防水>シープスキンの性質

残念ながらムートンブーツは、万能ではない。レザーの天敵となるのが「雨」や「雪」=水なのです。

minus_twenty_celsius_6
minus_twenty_celsius_6 / Idhren

私が使っているのは、UGGのケア用品。ムートンブーツに撥水効果をプラスするスプレー(ステイン&ウォーターリペレント)です。防汚の面からもブーツが新しいうちに、使っておくと安心ですが・・

エミュとアグ ムートンブーツのメンテナンス用品

・・だからといって、アグを雪や雨の中で履くような事はしていません。

できれば、雨や雪の日に履くムートンブーツは、撥水や防水対応しているものをオススメしたい。

<3

パターソン<雨/雪OK>エミューの防水モデル

エミュ・オーストラリアの防水テクノロジーを紹介する公式動画です。

今シーズン、この実演が見られたのが、ムラサキスポーツでした。emu正規販売代理店のひとつで、防水ムートン「パターソン」をジャプーーン!と水槽の水に浸けて見せてくれる店舗もありましたね。

ムラサキスポーツ エミュー パターソン 完全防水

<EMU取扱ネット通販>セカンドライン ウカラシドニー

ベルメゾンネットでは、耐水エミューの「スティンガー」、防水エミュー「パターソン」の他、emuセカンドラインである、UKALA SYDNEY(ウカラシドニー)も揃っています。

2011年秋にデビューしたウカラシドニーは、カウスエード素材と天然のメリノウールを使用したブーツ。機能面やニーズにあわせて選べるのもエミューの魅力かもしれませんね。

↓ 耐水/撥水エミューブーツ「スティンガーミニ」

EMU関連アイテムはこちら

エミュEMU STINGER MINI(スティンガーミニ)

防水エミューブーツ「パターソン」

「EMU」の人気を不動にしたムートンブーツから大人がコーディネートしやすい、スマートなシルエットが登場。外側の牛革スエードと内側の羊革との間に防水フィルムを挟み込みんだ「ウォータープルーフ加工」で晴れの日も雨の日も履けるアイテムです。

↓ emu姉妹ブランド「ウカラシドニー」

個人的には「ムートンブーツ」と一口に言っても、外側のレザーが「牛」か「羊」かによって、履き心地などの好みが分かれるんじゃないかな、と思います。柔かく履けるのはシープスキン。

たま~に。コストコで見かけるけど、プライスもちょっぴり可愛いのが「Ukala ウカラ」。デイリーユーズで履けるemuのセカンドライン・姉妹ブランドとして人気です。

アグ公式サイトの撥水ブーツ<UGGブランド>

< 2016年秋冬モデル > 2016/9/21発売

アグのClassicブーツとスノーブーツを融合させたスタイルのZaire(ザイル)。撥水性のあるカウレザーとキルト加工ポリエステルを使用したブーツです。

< 2016秋冬モデル > 2016/8/24発売

機能性をプラスしアップデートしたClassic Mini II(クラシック ミニ II)。長年愛され続けているブーツのベースシルエットはそのままに、Scotchgard™(スコッチガード)プロテクターを施し、撥水・防汚性をプラス。

UGG(R) 公式サイトの撥水ムートンはこちら)⇒UGG(R) ウィメンズ 撥水加工一覧ページ

UGG(R) 公式サイト(アグ公式サイト)