購入までに約一年をかけた、私のムートンブーツ選びでしたが、大人が履く上質さを求めればemu(エミュ)とUGG(アグ)は外せない。(最終更新/2016-09-25)

では、どっちがいい??

双方のシープスキンブーツを取扱う靴屋さんには、アグとエミュの違いを。また直営店では、ブランド内のブーツの種類について伺い、比較検討を重ねました。

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

どちらが良い/悪いの比較ではなく、自分が欲しいブーツを見極めていくと、UGG・・かなぁ。

今季新作デザイン、アグオーストラリアのウィメンズ BAILEY BOW (ベイリーボウ)です。私にとっては初めてのムートンブーツで、一足目は「愛すべき馬面」と「すっごい羊感」をもつアグにしてみました。こちらの商品は販売終了しました

UGGアッパーがスタイリッシュだった

アグのアッパーの形が好きでした。比べると、丸みを帯びたカワイイemuに対し、UGGはフラットでスタイリッシュ。まるで、馬の顔みたいに(笑)

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

足が甲高なので、クロックスのような素材なら、ワンサイズ上を選ぶことがあるのですが、天然素材(羊革)の柔かさをもつUGGは、平たくても、いつも通りのUSサイズで大丈夫そう。

履いていくうちに、起毛と革の馴染み方も変わっていくそうで、直営店でもジャストサイズをおすすめする場合が多いらしい。

(UGGビギナーの私がショップで試着をした時は、羊毛のボリュームが凄く、2サイズ上でも丁度いいくらいに感じたものですが、長く愛用すると、大きすぎてしまうのかもしれないね。)

関連記事/ムートンブーツを知るアグオーストラリアとUSアメリカの靴サイズ

UGGブーツの縫い目が目立ちにくい

縫製がキレイです。ムートンブーツは、革の縫い目が外側に出るのですが、比較的、目立ちにくいのが「アグ」かな、と思います。

クラシックな形ならば、エミュより目立たない。(もしかしたら、それがemuのデザイン性なのかもしれないけれど※)

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

UGGは縫い目の出っ張りが小さいわりに、強度はしっかりあるんですよ。かなり甲高な人は(↑写真)ココの縫い目が、キツくないか確認してみると良いかも。すごく頑丈な部分だから。

素材の柔かさは活かし、靴のフォルムを保つ為には「縫い目」も大事みたい。

本物UGG店と、『偽物UGG』について話していたら、ニセモノは「へなへな~っとしてる」という意見もありました。伝統あるオーストラリアのシープスキンブーツは、バックスタイルまで美しくないと、本物とはいえないらしい。

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

街中で見かける「UGGブーツ」は、後ろ姿にみる、ブランドタグで認識できる。意外とUGGマークは目立つんだよね。

有名ブランド程、“いたちごっこ”になりがちですが、店員さんがアグの偽物を見かけてしまう事もあるらしい。一般的に知られている、UGGの本物/偽物の見分け方も、まとめてみたいと思います(後日)

足を入れたらやみつき!UGG羊毛

昔、羊毛で作られた羊のぬいぐるみを貰い、子供ながらに「想像より硬い。」と思ってしまった。イメージだと、綿菓子のような動物に思っていたんですよね。

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

しかし、足で踏みつけるには丁度良く。一年前、UGGのシープスキンブーツに、初めて足を入れた時の感覚が忘れられなかった。

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

関連記事/大人が選びたいムートンブーツUGGとEMUシープスキンの違い/約一年前

試着すると、ソックスを履いているのに、足指がムートンを掴むほどのボリュームでした。

やっと購入に至り、ブーツを履いて歩いてみた感想ですが・・足裏を羊毛が優しく撫でていくような、毛並みがスライドした時の踏みごこちが最高に良かったです。

(ブーツを屋外用に下ろす前に、部屋で履いていたら、フローリングの底冷えも全然大丈夫だったくらい)

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

UGG(R) 公式サイト

2016年2月より、アグではブランド表記を「UGG Australia」から『UGG(R)公式サイト(アグ 公式サイト)』に変更しています。

モコモコあったかな本格派です。UGGの羊毛品質と、その下にあるソール。足を受け止める程良いクッション性に、僅かに低反発が感じられたアグが、私には履き易いようです。

不慣れな羊革のメンテナンスには暫く気を遣う事もありそうですが、専用ケア用品も購入済。UGGは知名度以上に、体感で選びたいと思った王道ブランドでした。後ろ姿には、分かり易い目印(タグ)まで付いているけれど、堂々と履きたくなるシープスキンブーツですね。

最新モデルはこちら⇒UGG(R) ウィメンズ ブーツ一覧ページ

UGG(R) 公式サイト(アグ 公式サイト)