京都のお香やさん「香彩堂」の練り香水を使ってみました。コロン♪と可愛いプチサイズなので携帯にも便利です。

練り香水は、ふつうの香水よりもほのかに香る感じなので、香り方が柔かいですね。

桜 CherryBlossoms 練り香水 香彩堂

香彩堂には花や果実などのナチュラルな香りの製品が色々とあり・・どういう香りなんだろう?「雪」とか「しずく」とか?!そんな、イメージで楽しむ感じの香りもあるんですよね。

不思議な香りにチャレンジしたくもあり、すごく迷って・・でも初めは分かり易い「花」の香りにしてみました。

わたしが選んだのは「桜」の香りの練香水です。 

桜の香りとは?(おまけ:雪の香り)

お花見シーズンに満開に咲いていても、あまり香りは意識したことのない花だったのですが、「和」のイメージのお花ですよね。

四季ある日本で春の訪れを知らせる、うすピンク色の可愛い花。一気に散る儚さもキレイだったり。

桜 CherryBlossoms 練り香水 香彩堂

その香りは、繊細で。キツすぎない、ほのかな甘さのある香りでした。 どちらかというとスッキリした香り。同じお花でもローズ系ですと香りにも重さがあったりするのですが、サクラは本当にやさしい香り方をします。

後日、違う香りも欲しくなり「雪」の香りも購入しました。こちらはですね、ガムのような甘~い香り。雪をわた菓子にでも見立てているのでしょうか?(わかりませんが)甘さが強かったです。

練り香水  使い方 

テクスチャーはメン○レータムくらいでしょうか。あのような油っぽさは無いですけど、ミストタイプの香水やコロンとは違って、練り香水は指で直接、肌に塗るタイプです。

少量を指にとって肌に塗って使用してください。液体の香水よりもつける量の調整が簡単なのでお好みに合わせてお使いください。

つける量を調節することで、香りの強さも調節可能です。首筋や手首あたりに少量をつけておくと、ふんわり香ってくるので心地良いです。

桜 CherryBlossoms 練り香水 香彩堂

サイズの参考に手の平にのせてみました。香彩堂の練り香水は小さな容器に入っています。重さは約8グラム。

これくらいなら、あまり重さを感じずに持ち歩けると思います。液体の香水だと小分けにして持ち歩くケースもあるのですが、現品のままでも携帯しやすく、化粧ポーチに入れておくと使えます!コスパはめちゃくちゃ良いですよ。

香りがどんどん重なり、濃くなっていくような印象ではないんですよね。それが練り香水を使ってみて良かったです。

自分がリラックスしたい時につけてもいいですし、ほのかな香りは外出先で食事をするような席でも、まわりの方への配慮になると思います。

桜 CherryBlossoms 練り香水 香彩堂ブログランキング・にほんブログ村へ

フタには、カワイイ桜のマーク。かなり薄っすらとですが、サクラサク。しています。

香りの種類も豊富なので気分にあわせて違う香りを楽しんでみたり、コレクションしたくなるんですよ。わたしは友人へのプチギフトとして贈ったこともあります。香りのイメージに失敗したくないときはフルーツ系や王道のローズなどが分かりやすくて良いかもしれませんね。

自分用で冒険したいときは、「清流」「水琴」・・それに「はごろも」とか。使ってみないと、どれもこれも??な香りもあったりしますので(笑)

練り香水はとてもナチュラルな香水です。香りのもつイメージも一緒に楽しみながら、ちょっとだけ華やかな気分を楽しみたい時に良いですよ。