まだ名前もない、カーネーションが生き生きと咲く 静岡河津の カーネーション見本園を見に行きました。花狩りを楽しむ施設ではありませんが、ハウス内には、母の日のお花「カーネーション」がいっぱい。

新品種あわせて300種類以上らしい。あと、手作り風のベンチが所々にあって 可愛かったな。

これ、全部カーネーションです!

01かわづカーネーション見本園 

「モンテズマ」「ファリダ」「カイザー(下写真)」「ワリンカ」・・・花の名前です。奥のほうへ行くと、ナンバー管理のみで、もう名前なんて無い(笑)

農薬や土壌の課題など、先駆的なカーネーションの研究を行う施設で 生産者に花の正しい特徴を提供したりしているそうです。

02カイザー 赤カーネーション

いよいよ、5月12日(日)が母の日。ギフトプランを見たり、お花の展示会へも 行ってきましたので・・

「王道の カーネーションばかりでは ない」そんな提案にも 頷けるんですが、迷ったときは この花でしょ?(なんて 最終的には思ってしまう)正統派 母の日の象徴なんですよね。

この日だから、贈りたくなる花ですが、『花言葉』を知ると、色によってイメージが違う。赤は「真実の愛」、ピンクは「感謝」なんだって。

06日比谷花壇 アレンジメント

e87.com(千趣会イイハナ)写真と記事はこちらです

ちなみに、「赤色」以外の花のほうが、見本園では多かった気がします。実は カーネーションって とってもカラフル!!

03ワリンカ ミックスカーネーション

写真/ワリンカは、縁取りが可愛い カーネーション。黄色っぽいのがハーヴェイという品種です。

06ハーヴェイ 黄色カーネーション

こちらは、フラワーギフトの展示会でみせてもらった 日比谷花壇の アレンジメント。かなりカラフルです。

大輪のカーネションをメインに バラとグリーンで 作られ、花器に咲く 花畑みたい。

命ある花なので、生花の 一番美しい時期を眺められるのは、とても贅沢なことなんだね。

05日比谷花壇 アレンジメント

2013年の 展示フラワー。人気のあるシリーズのようで、昨年版と比べると 器なんかがアンティーク調になっていた。

市場の花に、プロのお花屋さんの手仕事が 加わって、素敵にいけられているのでしょうね。「作品」って感じです。切り花には延命剤も付いてきます。

07日比谷花壇アレンジメント 母の日

日比谷花壇のフラワーギフトをみる

いろんな形のカーネーションを見てきたばかりなので・・このアレンジ。大輪な上に、オーソドックスな形の花で 揃えられているんだなぁと思いました。

変形型になると、「これ、カーネーションなの?」と訊かれちゃいそうでしょ。スターチェリーという、面白い品種。珍しいと思うけれど、一輪のもつ 存在感も それぞれ変わるものだわ。

04スターチェリー 変形カーネーション

母の日に贈られる 花達は、シャレじゃないけど・・やっぱり華があるように 見えてきます。お母さんだって、女子だもの。女性の合言葉的な「盛り」感に 思わず嬉しくなるんじゃないかしら。

特別な日の花に ふさわしいと 思いました。創業63年 日比谷花壇の 花盛りなカーネーションアレンジ。堂々、素敵ですよ。

08日比谷花壇 フラワーアレンジ シトラスボヌール

アレンジメント「シトラスボヌール」日比谷花壇

2013 母の日に喜ばれる贈り物チョイス ♪ 関連記事はこちらにもあります

e87.com(千趣会イイハナ)