2017年秋、スタイリストの大草直子さんと、通販のベルメゾンネット新・定番12のアイテムコラボレーションします。

大草さんが、まず最初に作りたい!と思ったのが『レザーライダースジャケット』なのだそう。今回はその魅力をピックアップしていきます。

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン カシミヤ3WAYニットプルオーバー

40代女性向けファッションカタログ「StyleNote(スタイルノート)」では、これまでにも共同のコーディネート企画は行ってきたそうですが、

今回は初となる、WEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」大草編集長による、アイテムの絞り込み、デザイン監修、素材選びなど、

「あったらいいな」をゼロから反映させた、完全オリジナルモデルが完成。こだわりが詰まったアイテムは、ここでしか手に入らない物ばかりです♪

ベルメゾン スタイルノート shiho 2017秋 ミモレコラボ

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

当記事はベルメゾン×ミモレ2017秋ファッションの展示会より各アイテムを詳しくピックアップしたレビューです。

新・定番12アイテムを一気にみる↓↓
忙しい人のためのダイジェスト版レポートはこちら

女顔した本格ライダースジャケットがついに完成!

「ライダースジャケット」というと、ジェンダーレスな佇まいにどうしてもハードな印象になりがちですが、

大草さん考案のこちらは、艶っぽさが漂う“女顔”のラムレザーライダース。

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

しなやかに着られて、窮屈さを感じにくいため、ライダース初心者でも取り入れやすいように作ったという、自信作なのだそう。

柔らかな革の質感をもつ、上質ラムレザーを使用しています。羽織った感じも、驚くほど軽いです!

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット
ラムレザーライダースジャケット(StyleNote)/フレンチプルオーバー(Spick and Span)/ミモレ丈ラップスカート(INED)

私はこの日、“ポンチョ風プルオーバー”を着ていった為、すぐに試着が出来て(変形型のインナーでも)対応可能なのは、悲しいかな「アウター」の一択。

何事もないかのように着ていますが、実は、ジャケットの中にはマントのようなパーツが隠れていますww 空飛べそう?

そんな状況で試着させていただくと、ジャケットはコンパクトなのに、意外にもスッキリ着られてビックリ☆

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

(身長157cmの標準体型で、9ARサイズを着ています)

冬素材にジャケットを重ね着することを踏まえて、アウターをオーバーサイズで買ってしまった経験がありますが、

、、そのまま見た目にも影響がでるんですよね。服に着られちゃってる感は否めず、特にきれいめなコーデの時に、、「もう、どうしようーー?!」とか悩む。

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

(自撮りによる自己評価なのですが)今回のサイズはピッタリだったんじゃないかな、と思います。

コンパクトに着られるけれど、ラムレザーは柔らかく、窮屈さを感じません。

正統派のスペック×アレンジで着回せるライダース

そのまま羽織ると、襟のドット釦ウエストベルト部分が「これぞ!ライダースJK!!」という正統派のルックスですが、

ベルトを取り外して着てみたり、ジッパーを開けて着てみると、また違った雰囲気になるんですよ♪

各パーツ毎にディテールを見てみよう!

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

↓【襟】ドットボタンを外してみる

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

↓開襟を閉じて、ファスナーも閉めてみる。きちんと感が出ますので、よりトラッドな印象に。

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

 

ウエストのベルト部分です↓

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

↓ベルトの有無を比較。更に前をオープンにした、3通りのスタイルで着てみました。

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

袖口もジップで調節できますよ↓

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

ジップやバックルなどの金属部分は、マットな質感で統一してあります。

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

レザーライダースジャケットのコーディネート

コーディネートは、私服のミディ丈スカートに合わせていますが、ジャケットの丈感が絶妙で、ワンピース等も似合いそう。反対に、パンツを合わせてカジュアルダウンしても良さそうです♪

大草直子さんの着用コーデはこちら↓

(スタイルノート2017秋号掲載/「洗えるシルクワンピース」に、ラムレザーライダースジャケットを肩から羽織るスタイルです)

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン 洗えるシルクワンピース ガウン

ハードな一方向に偏らず、ライダースデザインを活かした甘辛MIXにも挑戦できるアイテム。女性らしいシルエットと適度なコンフォート感が素晴らしい!

正統派ライダースジャケットのディテールは全て搭載していますので、あとはお好みで、着こなし方をカスタマイズし長く愛用できるのも嬉しい。

ミモレコラボ 大草直子 ベルメゾン ラムレザーライダースジャケット

ラムレザーライダースジャケット

レザーの生地は、湿度や体温、体のラインや動作によって少しずつ着心地が変化していきますので、良いものを長く着ていきたい方におすすめです。

大草編集長も「レザーのジャケットは、着込むほどに自分に馴染むのを楽しむアイテム。もし欲しいけど買うのを迷っている人がいたら、ぜひ1日でも早く手に入れて!」と、おっしゃる程の自信作の誕生です。

ミモレ ベルメゾン」のコラボアイテムは、9月1日よりWEBでチェックできますよ。

ベルメゾンネット