クロックス2017福袋★12月9日(金)AM8:00発売スタートです!
気になる中身は?⇒レビューはこちら

クロックス 公式オンラインショップ

2016年秋冬の新作クロックスから、レディースブーツを履いてみましたので紹介します。

もう!クロックスじゃないみたいに、普通にオシャレな靴ですよね。(←問題発言?)

クロックス レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン

crocsののなかでも「キレイめ」スタイルをずっと貫き通しているのが『レイ(leigh)』コレクションです。

おしゃれに見える理由は、シンセティックスエード(フェイクスエード)のアッパー。ちょっと細身でヒールが付いていたりして。

トレンド感のあるルックスは、流行のスエードワンピースと合わせても かわいいかもしれませんね♪

クロックス レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン

カラーはシンプル。黒と茶色(エスプレッソ)です。ヒールの高さは約6cm。靴底はラバー仕立てで滑りにくくなっています。

クロックス レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン

これからの時期、巷には沢山の種類のブーティが出てくるけれど、フットベッドに合成樹脂クロスライトを採用しているのが、このブランドの特長。

老若男女問わず履かれている、夏のクロッグサンダルと同じ素材で“クロックス”の履きやすさを持っているブーティなんですよ。

【解説】クロスライト(素材)とは?

クロスライトはcrocsの全シューズに使われている合成樹脂です。クッション性・防臭性があり軽量。水を弾くのでサンダルは勿論、レインブーツにも使用される。2016年からは新基準「コンフォートレベル」によって、履き心地が3種類に分類されるようになりました。

※コンフォートレベル:leigh synthetic suede wedge bootie w/leigh synthetic suede wedge shootie wはデュアルコンフォート(2層構造)のシューズに分類されています。

でも、レイって。確か、夏にも出てたよね?!

↓ハイ。夏バージョンはこんな感じでした(レイ 2.0 アンクル ストラップ グラフィック ウェッジ ウィメン)

レイ 2.0 アンクル ストラップ グラフィック ウェッジ ウィメン

程よい高さで安定感のあるウェッジヒールに、スタイリッシュな見た目。イメージはそのままです。

あの人気シリーズの「レイ」が秋冬はブーティ(&シューティ)になって登場しました。

<写真で比較>クロックス leighの「ブーティ」と「シューティ」

今季は2typeのレイが登場。「ブーティタイプ」と「シューティタイプ」がありますので、一緒に比較もしていきましょう。

↓こちらが、leigh synthetic suede wedge bootie w

サイド(内側)がファスナー開閉になったブーティです。

クロックス レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン

女性サイズ22~25cm/全2色/レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン

着脱がカンタンでした♪

クロックス レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン

<2016秋冬シューティ>leigh synthetic suede wedge shootie w

更にもう1種類。leigh synthetic suede wedge shootie wには、靴紐があるんですね。

クロックス レイ シンセティック スエード シューティ ウィメン

画期的な着脱術でもあるのかしら?、、、と思って見てみましたが、普通に。靴ひもを結んだり⇔ほどいたりする必要があるようです。

こちらのシューティーは、シューレースのある靴ならではのマニッシュな かっこよさを楽しむべきなのかな。

クロックス レイ シンセティック スエード シューティ ウィメン

着用カラーはtanベージュ系のスエード調素材はこのモデルだけでしたので、今季ブーツラインナップでは、足元にポイントをおいた明るさがありますよね。

クロックス レイ シンセティック スエード シューティ ウィメン

女性サイズ22~25cm/全2色/レイ シンセティック スエード シューティ ウィメン

【サイズ参考】普段は23.5cmを履いています。どちらのレイもW7(23cm)で良さそうなサイズ感でした。

また今年はハーフサイズ(0.5cm刻み)展開になって、より足にフィットした着用感でブーツを選べるようになっています。(例:23.5cmのレイも選べます!)

<甲高VSブーツ>甲が高めな人のクロックス・ブーツサイズ

どちらかというと自分は、合成樹脂のクロックスを好んで履いてきましたが、ブーツの季節になるとちょいと困った事が、、、

クロックス レイ シンセティック スエード シューティ ウィメン

足が甲高のため、甲が諸に覆われて影響が出やすいブーツは、本来のサイズより大きめを選ばないと足に合わないことも。靴下・タイツで調整可能な範囲ですが、特に足長のフィット感には遊びが出てしまいます。

そんな時、シンセティックスエードのような足あたりが柔らかい靴を履くと、樹脂とは違う異素材で圧迫感もゆるく、ジャストサイズで快適に歩ける気がします。

(クロックスの靴も時代と共に、どんどん変わっていってますよ~~~)

クロックス レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン  シューティ比較

(左)ブーティと(右)シューティを並べてみました。

女性らしく履けるシェイプしたラインが人気のクロックス「レイ」は、くるぶし丈のフェミニンな2種類のブーツになっています。

ヒールの高さは同じ(6cm)ですが、履き口のカットが異なるデザインですので若干、見た目の丈感にも違いが出るのではないでしょうか。

大人っぽいシンプルな形と、定番のスエード色で秋冬ファッションにコーディネートしやすそうですね。

⇒ウィメンズ(レディース)ブーツ商品一覧はこちら

クロックス 公式オンラインショップ

クロックスのお得なセールページはこちら

リンクシェア レビュー・アフィリエイト