お肌や唇がカサつく季節になりましたね。寒くなってきたし、暖房をつけよう。、、、すると、やっぱり気になるのが部屋の乾燥です。

女性の方は高保湿コスメに切り替えても「なんか違う!」と思ったら、自分ではなく『部屋を』潤してみてはいかがでしょうか?

ミクニ ミスティガーデンセカンド ミスティガーデン2nd 自然気化式加湿器 ペーパー加湿器 紙の加湿器

意外とお化粧ノリが良くなったり、しますよ?

最近では、月9ドラマにまで登場したらしい、簡易加湿器。フジテレビ「カインとアベル」では、ミクニ製品のエコ加湿器が撮影に使用されています。⇒関連レビューはこちら

気軽に潤える、ペーパー加湿器の種類とスペックをまとめてみました。

  1. ペーパー加湿器(紙の加湿器)を使うメリット
  2. ミクニ ミスティガーデン2nd・シリーズ製品比較
  3. ミクニ ミスティシリーズのお手入れ方法
  4. 乾燥対策 ペーパー加湿器を使ってみた感想

ペーパー加湿器(紙の加湿器)を使うメリット

自然気化式加湿器は、特殊フィルターが水を吸収し蒸発させる事で、適度に潤った空気をお部屋に届けます。電動のファンを使わないタイプなので、エコ。電気代も不要です。

基本的な使い方は、水を含ませたフィルターを(付属の)水受けトレイやボトルに浸すだけでOKなので簡単です。

フィルターが水を吸い上げて空気の力で蒸散し、加湿効果が広がります。水が無くなったら補充をします。

「ミスティガーデン」と「どこでもモイスチャー」簡易ペーパー加湿器

↓↑「ミスティガーデン」はリニューアルして、『ミスティガーデン2nd(セカンド)』になりました※

水を入れる付属のトレイが、おしゃれなバスタブみたいな容器に変わり、かわいいです♪

ミクニ ミスティガーデンセカンド ミスティガーデン2nd 自然気化式加湿器 ペーパー加湿器 紙の加湿器

また、複雑な形でなければ、専用容器を使わずご自宅の皿やコップを代用することも出来ますよ。省スペース型(個人用サイズ)の加湿器はマグカップに入れてもかわいいですし、ガラスの器も見栄えがいいです。

上下)写真は同じ商品です。専用容器と手持ちのフルーツ皿を使い、ミクニの「ミスティガーデン」を使用した例になります。

ミスティガーデン 簡易加湿器

↓新しくなったミスティガーデン2も、丸めてレイアウト出来ました。

ミクニ ミスティガーデンセカンド ミスティガーデン2nd 自然気化式加湿器 ペーパー加湿器 紙の加湿器

ミクニ ミスティガーデン2nd・シリーズ製品比較

各社の自然気化式加湿器は、フィルターサイズと加湿量(自然蒸発量)に違いがありますので、使用するお部屋の大きさや(オフィスなどの)環境に合わせて選ぶとよいかもしれません。

パーソナル加湿器には「ちょこっとオアシス」シリーズがあります。卓上サイズなので会社の個人用デスクや、旅行のお共にされる方もいらっしゃるようですよ。

ホームセンターのプライベートブランド等も含めると、ペーパー加湿器の製造メーカーは意外に多く、商品の価格帯も異なります。

一般的には、フィルターサイズ=加湿量に比例して高価になるのが妥当だと思ってはいますが、

デザインに長けたもの。(水の補充など)手間が省ける物、キャラクター物など。お部屋のインテリアになる かわいい加湿器が色々あるので迷ってしまいますよね♪

 

リンゴ型の紙の加湿器は、デザイン家電等を販売するドウシシャの製品「Rocca」です。他には「青リンゴ」「洋ナシ」「サボテン」もあります。

Rocca「六花」は古語で雪の結晶のこと。家電らしくないデザインのパーソナルな製品を目指して誕生したシリーズになっています。

加湿量40倍 実用性で選ぶ ミスティガーデン2nd

根強い人気の「ミクニ」製品は、ポータブルに使える個人用サイズの加湿器なら『ちょこっとオアシス』シリーズ。

ファミリー向けのお部屋で使える大容量なら『ミスティ』シリーズというように、目的に合わせて使えるので便利です。

ミクニ ミスティガーデンセカンド ミスティガーデン2nd 自然気化式加湿器 ペーパー加湿器 紙の加湿器

加湿量に注目して、ミスティ・シリーズを比較してみました。

※加湿量とは、室温20度、湿度30%の条件下にて、コップ(Φ52)1杯との比較です。(コップ一杯の水が自然に蒸発していく量よりも、加湿器を使用した場合は〇〇倍、蒸散によりお部屋を潤せるというような目安が表示されています)

商品名 加湿量/自然蒸発量 重量 商品サイズ 種類
ミスティベビーツリー コップ1杯の自然蒸発量の20倍以上 38g L120×W120×H170mm ナチュラル(イエロー系)/グリーン/ピンク
ミスティブーケPOPcolor コップ1杯の自然蒸発量の20倍 79g W150×D145×H200 イエロー/グリーン/ピンク/ホワイト
ミスティアート コップ1杯の自然蒸発量の30倍以上 350g W350×D92.6×H240mm グリーン
ミスティガーデン ディズニー コップ1杯の自然蒸発量の30倍以上 170g L350×W165×H172mm くまのプーさん
ミスティガーデン2nd コップ1杯の自然蒸発量の40倍以上 235g L380×W155×H200mm アップルグリーン/ラピスブルー

加湿量から最大の効果を期待できるのは、ミスティガーデン・セカンドです。リニューアル後に、シリース最高基準の自然蒸発量40倍になりました。

 

ミクニ ミスティシリーズのお手入れ方法

お手入れ方法に関しては、フィルターの性質上、水道水に含まれる不純物や、ホコリなどを一緒に吸い上げてしまいますので、

汚れが気になったら、たっぷりの水に浸け置きしておくと、油のように汚れなどが水面に浮き出てきます。

ペーパー紙加湿器 メンテナンス お手入れ

使用していると↓先端に(カルキや空気中のホコリなど)汚れが集まるように変色します。メンテナンス時期は使用環境により異なります。

自然気化式加湿器 ミスティガーデン 汚れ 交換フィルター

ペーパー加湿器は1シーズンで使い切るくらいが丁度よく、リーズナブルな点からも、使い捨ての感覚で良いと思いますよ。

長く使うためには、日常的なお手入れも大事ですが、交換用フィルターのみを購入すれば、次回の使用が少しお得になりますね。

自然気化式加湿器 ミスティガーデン 交換フィルター

 

乾燥対策 ペーパー加湿器を使ってみた感想

乾燥した空気の中で生活していると、目がシバシバしたり。朝起きた時、喉がくっつきそうなくらい乾いてガラガラしていたり。声が変わってしまうレベルなら要注意☆

ペーパー加湿器 紙の加湿器「うるおい」シリーズ

今年もそんな症状が出始めたので、加湿を強化したところ、私は改善したように思います。手軽に対処するなら、ペーパー加湿器がおすすめです。

写真はセキスイの製品です。

当ブログでは2012年から「自然気化式加湿器=紙の加湿器」について、いろいろ書いているんですが、気付けば使用開始から、今年の冬で5シーズン目に入ります。

紙の加湿器 ペーパー加湿器うるおいアニマルちいさな森

当時の我が家は木造で、蒸気・ミストで加湿しすぎる家電製品が適さなかったのと、半信半疑で使ってみたら体感で良いと感じられた。というのが、使い続ける理由です。

・・でも実際(蒸発量とか)どうなのよ?、、、と思ったので⇒ コップの水を使った比較実験の記事も書いています。

販売サイトによっては、加湿量など詳細なスペックが記載されていない商品も少なくありませんが、「コップに挿せる」サイズ感ならば、省スペース用。自然蒸発量は約10倍前後と予想できます。あくまで目安ですが。

電源なしで加湿できる“どこでもモイスチャ―”【ネット限定タイプあり】/ベルメゾンネット


シーズナルペーパー加湿器(クリスマス)

紙の加湿器をホームデコレーションとして置いてみるのも、一石二鳥。乾燥が気になるこの季節ならではの楽しみかもしれません。

こだわれば、利用環境で加湿効果を発揮できるサイズ感や、リーズナブルな交換フィルターなど、実用性で選べるインテリア雑貨でもあります。家電よりも気軽に始められるので良いですよ。

「冬の乾燥対策」同じテーマの関連記事はこちら
自然気化式ペーパー加湿器の感想