当記事は2014-2015年製品をもとに主要メーカーの販売する自然気化式加湿器のスペック比較を書いています。ペーパー加湿器メーカーの製品も新しくシリーズ展開をし、加湿量が増えるなどの例年アップデートをしています。

2016年更新自然気化式加湿器のレビューはこちらです。

一昨年から半信半疑で使い始めましたが、寝室などに置くと、朝 起きた時に紙のエコ加湿器も(体感で)実力を感じられます。

冬の乾燥を気軽に乗り切る、電気不要のペーパー加湿器の製品比較まとめです。

紙加湿器はフィルターが水を吸収し蒸発させる事で、潤った空気をお部屋に届けます。

このパンダ型も、ペーパー加湿器です。コップ一杯分の水が自然に蒸発する量と、パンダ使用時を比べると「約10倍」加湿量が高くなるそうですよ。

エレメンツ どこでもモイスチャー パンダ

  1. <どこでもモイスチャー>コップで使える加湿器
  2. 自然気化式 加湿器<潤い比較>卓上型/大容量型
  3. デザインならRocca<ロッカ>紙の加湿器
  4. セキスイ・うるおいアニマル<組立>ECO加湿器
  5. 10周年のロングセラー<ミクニ>ちょこっとオアシス

<どこでもモイスチャー>コップで使える加湿器

使い方は、コップ等の水を補充するだけだから簡単。電気代がかからないエコな加湿器です。エレメンツの「どこでもモイスチャー」シリーズは、コンパクトサイズで可愛いデザインが多いですね。

商品名 加湿量 サイズ
どこでもモイスチャー富士山 コップ1杯の自然蒸発量の約10倍 18×1×14.5cm
どこでもモイスチャー くまもん コップ一杯の自然蒸発量の約10倍 W16.5×D16.5×H14.55cm

↓こんな風にマグカップ1個分のスペースで、加湿ができます。

どこでもモイスチャー 自然気化式加湿器

もくじに戻る

自然気化式 加湿量<潤い比較>卓上型/大容量型

自然気化式加湿器には、「携帯型」「卓上型」「大容量型」などがありますので、使用目的(部屋の大きさ等)に合った加湿量の商品を選んだほうが、効果を感じ易いと思いますよ。

サイズも色々あります↓

「ミスティガーデン」と「どこでもモイスチャー」簡易ペーパー加湿器

商品名 加湿量 サイズ
どこでもモイスチャー(ノーマル) コップ一杯の自然蒸発量の約10倍 幅13×奥行15×高さ15cm
ミスティガーデン(旧モデル) コップ一杯の自然蒸発量の約15倍 L350×W150×H200
ミスティガーデン2nd(セカンド) コップ1杯の自然蒸発量の約40倍 L380×W155×H200mm

「どこでもモイスチャー」は、省スペース向きに作られていますので、加湿量は控えめです。一般的には不織布フィルターが大きい程、効果も高くなるようで、ミクニの「ミスティガーデン2nd」のように、約40倍と最大級の加湿量をもつ製品もあります。

ホームセンターのプライベートブランドや、総合通販、インテリアブランド等では、デザイン性を重視するタイプも増えているようですね。

もくじに戻る

デザインならRocca<ロッカ>紙の加湿器

d-design(ドウシシャ)では、インテリアと調和する家電をコンセプトに、デザインに注力した「Rocca(ロッカ)」紙の加湿器シリーズを展開しています。最大加湿量は約20倍まで選べるようです。

商品名 加湿量 サイズ
Rocca 紙の加湿器 トランプ コップ一杯の自然蒸発量の約10倍 約∅150×H230~240mm
Rocca 紙の加湿器 ボール コップ一杯の自然蒸発量の約15倍 約∅136×H130mm
Rocca 紙の加湿器 コンパクト コップ一杯の自然蒸発量の約20倍 約W150×D50×H145mm

雑貨屋さんではロッカの「リンゴ型」を見つけました。かなり愛らしいフォルムでしたよ。

もくじに戻る

セキスイ・うるおいアニマル<組立>ECO加湿器

セキスイ(積水樹脂)の「うるおい」アニマルシリーズは、組み立て作業が若干必要でした。コップ一杯の水の自然気化と比べると、最大で約20倍の加湿ができるタイプがあります。

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

上手くレイアウト出来ると、見栄えはいいです。シリーズ品のラインナップをまとめました。

商品名 加湿量 サイズ
自然気化式ECO加湿器 うるおい コップ一杯の自然蒸発量の約20倍 H:約15~17×W:25×D:約9
うるおいWall 壁かけタイプ コップ一杯の自然蒸発量の約20倍 (キリン)H:約17×W:約14×D:約21
うるおいアニマルちいさな森 コップ一杯の自然蒸発量の約10倍 H:約17×W:15×D:約5.5(cm)

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

【追記】当ブログでは積水樹脂さんのご協力により、セキスイ製品3種の使用感想レビューを公開しています。

香りを楽しみたい方に、積水うるおい専用アロマウォーターも販売しています。セキスイ及び、ミクニから専用アロマ(香りの雫)などが出ています。

もくじに戻る

10周年のロングセラー<ミクニ>ちょこっとオアシス

10周年記念の「ちょこっとオアシスプラス」からは、限定カラーの「フルーツカラーリミテッド」が2014年10月22日に新発売されました。(写真はノーマルカラーです※)

ミクニの「ちょこっとオアシス」

「ちょこっとオアシスプラス」を旅行好きの友人にプレゼントした事があります。こちらは携帯できるペーパー加湿器ですので、宿泊ホテルの乾燥対策に使えるそうです。

フィルターの交換目安は、基本的に1シーズンが推奨されています(1~6ヶ月と商品によっても異なります※)紙加湿器の抗菌・防カビ効果が低下するからだそうです。

加湿器フィルター(ペーパー)のお手入れ方法

使用中のフィルターは、使っているうちに汚れ(空気中のホコリや水道水中の不純物)が出てきますので、目立ってきたら水に付け置きすると綺麗になります。ヨゴレが水面に溶け出てくる感じに見えました。

ペーパー紙加湿器 メンテナンス お手入れ

ペーパー加湿器を初めて使うときも、乾いたフィルターがぐんぐん吸水しますので、流水などで十分に湿らせてから⇒ 水の入った容器にセットすることをおすすめします。ほとんど手間要らずなので簡単に使えますよ。

「冬の乾燥対策」同じテーマの関連記事はこちら
自然気化式ペーパー加湿器の感想