当記事は2013-2014年製品をもとに、使用感想などを書いています。ペーパー加湿器 主要メーカーの製品も新しくシリーズ展開をし、加湿量が増えるなどの例年アップデートをしています。

2016年更新自然気化式加湿器のレビューはこちらです。

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」を買ってみたところ、他とは違う特徴があり、交換用フィルターだけ取り寄せると、期待したビジュアルにならないと気付く。

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

初めて導入するなら、本体のトレイごとのほうががおすすめです。

加湿効果は、どう使っても健在だと思いますが、ペーパークラフトの楽しさをもつ「作品」みたいなエコ加湿器なので、綺麗に飾ると素敵ですよ。レイアウトも自由です。(写真は南極/ブルー+サバンナ/ピンク)

2年目となるエコ加湿器の感想と、セキスイ「自然気化式ECO加湿器うるおい」の仕様についてまとめました。

ペーパー加湿器の自然気化とは

うちでは昨年の冬から、ペーパー加湿器を使い始めました。利点は、乾燥が気になる時に、電気を使わずに簡単に使える事。

家電の加湿器と比べるとナチュラルで、加湿しずぎると、カビが心配な場所にも置いておける。

自然気化式ECO加湿器-うるおい-

メーカー別に、いくつか種類を使っていくと、使い方は全く同じで、紙みたいな不織布(ふしょくふ)を水に浸けるだけ、ですね。

自然蒸発量の5~40倍(※)にあたる水分を含んだ空気を送りだす効果が期待出来るそうです。

ミスティガーデン 簡易加湿器

携帯サイズだと自然蒸発量の5倍~くらい。お部屋で使うタイプなら最大40倍という商品もありました。(※2012年版エコ加湿器で「約15倍」だったミスティガーデンが、約40倍の「ミスティガーデン2nd 」にバージョンアップしています)

エコな加湿と潤い「○○倍」とは?

フィルターが大きければ、部屋を潤すチカラも大きくなるし、容器のトレイも大型になれば、水を度々足す手間が省けますよね。

「5倍」とか「40倍」というのは、コップ一杯の水が自然に蒸発する量と、加湿器使用時を比較したもので、数値が大きければ、水分を含む空気を送り出せる機能も高いことになる。

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

各社、加湿器サイズも違いますので、購入の際にチェックするようにしています。

オフィスなど、パーソナル加湿として使うなら、省スペースに置ける小型がお手軽ですし、インテリアとしてデザインを重視するなど、蒸発量以外にも選び方は変わってくると思います。

セキスイ 自然気化式ECO加湿器 うるおい

昨年使っていた、ミクニのミスティガーデンの容器で使えるかも?と思い、今回はセキスイで「交換フィルターのみ」を購入。しかし互換性は無く、うちでは改めて本体ごと、買い足しています(笑)

南極/ブルーのフィルターです。切り抜き式で、個々のパーツに分かれます。ペンギン型がかわいいですね。(※新製品「うるおいアニマルちいさな森」とは異なります)

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

これまで使っていた加湿器は、フィルターを広げて水に浸けるだけ。だったのに対し、「自然気化式ECO加湿器 うるおい」は、パーツをデコレーションするような感じ。

本体を購入すると、水入れトレイが付属してきます。入れ物の底に凹凸があったり、フタにスリットが入っているのは、この製品の仕様ならではだと思いますよ。

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

小さなペンギン型のパーツは、専用トレイがあるから美しく飾れる。ゴミなどが入り難い工夫でもあるそうです。

試してみたこと(他社のトレイに入れたい)

一般的なトレイはシンプルで、カバーなど付いて無いタイプが主流です。他社のトレイに小さなパーツを飾ると、倒れて上手くいかないので、釣り糸でスリット風を作ってみました。

自然気化式加湿器 トレイ ミクニ

結果はダメですね。底にも、ひと工夫がないと難しいようです。純正トレイに飾った時と見栄えが違っていました。

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

正しく飾りつける(自然気化式ECO加湿器 うるおい 専用トレイ)

本体付属のトレイを使ってみました。スリットカバーの隙間を利用して、好きにレイアウトすればOK。ペンギンの背景に奥行き感を出せると、いいかもしれないな。

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

横から見ると、フィルターが綺麗に並んでいると思います。(※実際の使用時はフィルターを濡らしてから行うことをおすすめします。ドライな状態だとフィルターが水を急激に吸収してしまう)これで完成です。

容器の水は約300ccほど、スリットカバーの下くらいを目安に、完全に乾かないように補充しながら使います。

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

「自然気化式ECO加湿器 うるおい」は、コップ一杯の自然蒸発量の約20倍の加湿が期待できる製品です。

【追記】当ブログでは積水樹脂さんのご協力により、セキスイ製品3種の使用感想レビューを公開しています。

セキスイからは新製品「うるおいAnimalちいさな森」も出ています。こちらはトレイの他に「ウォーターボトル」が付属するので、水の補充がラクになりそう。エコ加湿器は、昨年よりも、デザイン的に面白い商品が増えていますよ。

「冬の乾燥対策」同じテーマの関連記事はこちら
自然気化式ペーパー加湿器の感想