当記事は2012-2013年製品をもとに、使用感想などを書いています。ペーパー加湿器 主要メーカーの製品も新しくシリーズ展開をし、加湿量が増えるなどの例年アップデートをしています。

2016年更新自然気化式加湿器のレビューはこちらです。

昨年使っていた「自然気化式加湿器」その後と続編です。紙の加湿器効果というものに半信半疑でしたが、使ってみると良かったので、今年も簡易加湿器で乗り切ることにしました。

どこでもモイスチャー 自然気化式加湿器

最近、一気に冷え込んで暖房を付け始めました。すると、急に気になりだすのが部屋の乾燥です。

我が家はスチーム式やハイブリッド式より、適度な加湿のほうが相性がいいみたいで(木造だから?)湿度によるカビが心配な家でも、エコ加湿器なら使えますね。

  1. 自然気化式加湿器のメリット
  2. ワンシーズン使いました(手入れとフィルター交換)
  3. 2013年版 自然気化式加湿器 メーカー別製品

自然気化式加湿器のメリット

自然気化式の加湿器の良いところは、電気代がかからず、紙のようなフィルター(不織布)に水を吸収させ、部屋に置くだけ。

エコロジー加湿器 ミスティ

それだけで、乾燥した空気に適度な潤いをもたらす効果が期待でき、製品毎に加湿量は異なりますが、約5~20倍の水分を含んだ空気を部屋に送りだすことになる。

スチーム式加湿器のように、蒸気が出ているところを見て、確認するわけではありませんが、室内で目の乾く感じや、朝起きた時に喉がくっつくような不快感が変わってきた気がして、エコ加湿器を体感で気に入り、またリピートすることにしました。今年で2年目です。

もくじに戻る

ワンシーズン使いました(手入れとフィルター交換)

エコ加湿器のお手入れ方法です。紙フィルターが吸い上げた、水道水のカルキなどが目詰まりを起こすため、吸水しにくくなったら、半日~一晩くらい、フィルターを水に浸けておくと、汚れが水に溶け出て、リフレッシュできます。

また交換用のフィルターも販売されているので、経済的ですね。

自然気化式加湿器 ミスティガーデン 交換フィルター

主婦の感覚で、きちんと乾燥させれば、翌年も使えるのでは?と思うけれど、メーカーでは、1シーズン(1~6ヶ月)ごとのフィルター交換が推奨されています。

フィルター交換しないと・・?

水を吸い上げにくくなったり、フィルターの抗菌・防カビ効果が低下してしまう。水質や使用状況により、交換目安が違ってくるそうです。

(※取り替え時期について、ミクニでは3~6ヶ月/セキスイは1~3ヶ月を推奨しています)

自然気化式加湿器 ミスティガーデン 汚れ 交換フィルター

↑ワンシーズン使用後のフィルターです。リフレッシュさせてから保管し、一見キレイだったのですが、光の強い場所で透かして見ると先端に汚れがありました。

空気中のホコリや水道水の不純物によるもので、交換目安は製造メーカーによって差があります。加湿紙のコンディションをみながら、汚れや吸水の低下が気になった時が、取り替え時期かもしれません。

シーズン中の使用期間が短い等、フィルターを保管したい場合は、完全に乾燥させればOKです。

もくじに戻る

2013年版 自然気化式加湿器 メーカー別製品

自然気化式加湿器は、インテリアになるような、デザイン性の高いものが増えています。

うちで入手できずにいた、セキスイの「自然気化式ECO加湿器-うるおい-」今年はこれを購入。※交換用フィルター

自然気化式ECO加湿器-うるおい-

「自然気化式ECO加湿器 うるおい」は↑2011年12月発売の旧タイプ。2013年には新製品「うるおいAnimalちいさな森も登場しました。

新旧の違いは、NEWタイプが水を補給するボトル付きになった事。加湿量は商品サイズに比例する為、旧製品(20倍)から新製品(10倍)へと下がっています。蒸発させる効果は穏やかになりますが、ボトル付きは水を足す手間が省けるメリットがありそうです。

セキスイ(積水樹脂)の「自然気化式ECO加湿器 うるおい」

また「自然気化式ECO加湿器 うるおい(旧)」は本体が特殊な容器で、交換フィルターのみを購入すると使いにくいようです。(↓試行錯誤の記録)

関連記事/セキスイ自然気化式ECO加湿器うるおい組み立て失敗から完成まで

エコ加湿器 新製品【NEW】

通常は水入れ容器も含む「本体」か、交換用の「フィルター」を購入することになりますが、互換性があれば(入れば)異なるデザインのフィルターに変えて楽しんだり、容器も、自宅にあるガラスの器などを使うとお洒落ですよ。

ミスティガーデン 簡易加湿器

各社、新製品も登場していますので、ご紹介します。※2012年版 eco加湿器の比較はコチラ

【NEW】ミスティガーデン2nd

シリーズ新作「ミスティガーデン2nd」は、加湿量(水の自然蒸発を高めて室内を潤す効果)が大幅にUPしました。旧製品はコップ一杯の蒸発量の約15倍だったのに対し、新製品は約40倍、お部屋に潤いを届けるそうです。/2012年12月末発売

【NEW】ちょこっとオアシス(シリーズ)

携帯に便利な「ちょこっとオアシス」が一輪ざしタイプの『ちょこっとオアシスいちりんタイプ』になりました。ペットボトルや空き瓶など、自宅にあるリサイクル容器が使えます。

ドライブ中の車内を潤すことも可能。適正サイズは280~350ml PETボトルくらいが良いそうです。/2013年10月発売

紙加湿器 ちょこっとオアシスいちりんタイプ

このシリーズは、旅行などポータブルに持ち運びたい時や、省スペースで使いたい時に最適な簡易加湿器です。

製品名 加湿量 サイズ
ちょこっとオアシス プラス コップ一杯の自然蒸発量の約5倍以上 L152×W72×H32(閉じた状態)
ちょこっとオアシスいちりんタイプ【NEW】 コップ一杯の自然蒸発量の約10倍以上 W140×D85×H220mm(使用時)
ちょこっとオアシス タワーポット【NEW】 コップ一杯の自然蒸発量の約5倍以上 使用時/Φ85×H195mm/収納時/Φ85×H53.5mm

カタログ通販 オリジナル簡易加湿器

我が家でもうひとつ、使っているのが大手ホームセンターのプライベートブランドです。加湿量などの表示がない為、詳細は不明ですが、使い方をみると全く同じ役割で、カラフルなタイプ。

またカタログ通販のエコ加湿器は、インテリアとして、お部屋に飾りたくなるような色柄のバリエーションが豊富になっています。

スティックタイプで、使用する本数によって加湿量を調整するタイプなど、アイディアがいっぱいです。(通販カタログ/ベルメゾンネットより)

ネット通販の商品は、ユーザーレビューが公開されている事が多いので、実際に使ってみた感想も参考になりますよ。

「冬の乾燥対策」同じテーマの関連記事はこちら
自然気化式ペーパー加湿器の感想