2012春夏クロックス「フーバーレースアップキャンバスウィメンズ」の着用レビュー③です。軽量スニーカーで、カラーは「バブルガム」薄ピンクのクロックス スニーカー(2013-10-17更新)

クロックスの 全てのシューズに使われているのは「クロスライト」という素材です。

耐水性があり、レインブーツに使われたり、汚れてしまっても すぐに洗えるから、基本、わたしはクロックスを 丸洗いします。※本革など水洗いに適さない素材は洗えませんので、ご注意を!

晴れの日、洗って縁側に並べておくと、crocsはすぐに乾いちゃいますよ。速乾性があるのでラク。

crocs Care

  1. キャラクターのワニについて
  2. hover lace up canvas wを履いてみた
  3. クロスライトの 防臭性について

キャラクターの「ワニ」について

crocsスニーカーシリーズにも、付いている、このマーク!!紛れも無く「ワニ」。

クロックス Dukeくん

izoo(イズー)で、ワニ、撮影してきました(笑)

izoo(イズー)ワニ クロックス

クロックスには、ワンポイントでワニの キャラクターマークがついていますよね。名前は、Duke(デューク)君というのだそう。

ワニの 水陸両用な生態や、タフな動物性から、ブランドのキャラクターに採用されているらしい。

洗えるし、丈夫なクロックスに ピッタリだと思う。ワニっぽさNo.1なら、限定シューズ「クロックスキンクラシック」だろう。

izoo(イズー)ワニ クロックス

クロックスキンクラシック/限定crocs

スニーカーや、ユニセックスのカジュアルシューズ、キッズシューズ等には、デューク君(マーク)が付いているように感じます。

ヒールや女性用シューズには、crocsのワニさん・・あまり見かけないものね。TPOも考えて、キャラクターは使い分けているんだろうな。

もくじに戻る

hover lace up canvas wを履いてみた

私が初めて、フーバー レースアップ キャンバス ウィメンズを履いたのは、第一弾として発売されていた頃のカラーで、写真は、ubblegum/oyster(淡いピンク)です。

クロックスのスニーカーは、カラフルですね。

crocs hover lace up canvas w

これまでクロックスを 履いてきた経験から、フーバーと初対面したときも、試し履きなどせずに「大丈夫だろう」と、出掛けてしまいました。自宅から駅まで、まず最初に20分くらい 歩く事になります。

素足に履くスニーカー体験

日中、まだ気温が高かったこともあり、素足に直接 履いたスニーカーの中に、多少のムレを感じました。これくらいの時間を歩くと、ちょうど有酸素運動になりかけるくらい??

帰宅する頃、気温が下がってくると、ムレもそれほど 感じずに過ごせました。

シューズの内側をみると、通気を助けるる穴が2ヶ所開いているようです。

crocs hover lace up canvas w

もくじに戻る

クロスライトの 防臭性について

特殊樹脂のクロスライトには、防臭性が期待できる。フーバーも、素足で履ける スニーカーとして クロックスから、デビューしたほど。

スニーカーをみると、フットベッドとアウトソール部分が「クロスライト」で出来ています。

直接、足が触れる部分に防臭性素材が使われるので、ソックスを履きたくない人も、チャレンジできそう。

「(防臭)本当かな?」と思って、一日「素足にスニーカースタイル」というのを、決行。

履いて帰ってきた時の↓写真なのですが・・・

クロックス hover lace up canvas w crocs

とりあえず、足のニオイはOK!大丈夫そう(笑)

脱いで、すぐに感じたのは、クロスライトの匂い・・というのかな。新品のクロックス本体から感じるような素材のにおい。

hover lace up canvas w

フーバーの「つま先」部分。こちらも同じ白色をしていますが、クロスライトではないそうです。

素材は、どちらも同じ プラスティックを原材料として作られているけれど、その配合が変えてあるんだって。

クロスライトは、物質の密度を高くしてあるため、隙間に細菌などが繁殖しにくい性質をもっている。(だから、嫌な足のニオイにも効果を期待していいみたい)

定番色はシンプルに、明るいクロックスらしいカラーも人気の軽量スニーカーです。ユニセックスで発売されているので、男女どちらでも履けるサイズ展開になっています。

クロックス Hover lace up フーバー レースアップの販売店を探す

posted with カエレバ