伝わってくる暖かさまで本格的なムートンブーツは、一度履いてみると手放せなくなる。何足もコレクションできるような価格とは言えないけれど・・冬が近づいてくるって感じた時に、思い出してしまう。

履きごこちが忘れられない感じ。(最終更新/2016-09-25)

UGGアグとemuエミュ ムートンブーツ

わたしは昨年UGG(アグオーストラリア)を履いていました。今年は、アグに並ぶ人気をもつemu(エミュオーストラリア)を履いてみたいと思ってます。

人気ブランドUGGとemu(エミュ)

私の場合は、こんないきさつで↓

普段ヒールのある靴を履くことが多いので、ペタンコの靴底にカジュアルな見た目のムートンブーツを履く予定は、、、本当は、ありませんでした。

 UGGアグオーストラリア

なのに一昨年、偶然見てしまったのが、ブラックのシープスキンにスワロフスキーのボタンを飾ったUGG(アグ)のキラキラしたショートブーツ。イメージを覆され、美しさに惹かれ、試着してみたくなりました。

そしたら、もう、何と言うか・・脱ぎたくない!・・

極上ムートンを踏む感覚が、最高に心地よかったです。

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

インソール部分まで全て。足がこのボリューム毛に包まれる感じですよ。

ウィメンズ UGGアグオーストラリアBAILEY BOW (ベイリーボウ)

あったかく、柔かく、優しいのでコンフォートシューズみたいに、歩いていても疲れにくい。雨の日には勿体なくて履けないけれど、天然素材ですので通気性が確保されます。

<ブランド>ムートンブーツの種類

結局その年は思い切れず(試着止まり)で、ようやく購入できたのは翌年になってからでした。やっぱり履きたかったみたい、私。

アグとの初対面は代理販売店だったので、エミュー(emu)のブーツやミネトンカなんかも一緒に並んでいました。ブランドの直営店ともまた違った意見がきけるので、選択肢が広がります。

エミュEMU STINGER MINI(スティンガーミニ)

ムートンブーツ・ビギナーには、アグとエミュの違いすら分からず、店員さんにブランド毎の特徴を訊きながら、気になった種類はとりあえず履いて比べてみるのが一番いいかもしれませんね。靴の重さも少し違うんじゃないかな。

王道UGGと並ぶ人気をもつのが、エミュ。ざっくりですが、エミューの靴作りにはアグから枝分かれしていった部分もあるらしい。

レインブーツのような防水機能ではないけれど、撥水ムートンブーツのSTINGER(スティンガー等)を開発したemuは実用性で人気があるそうです。

エミュEMU STINGER MINI(スティンガーミニ)

関連記事/大人が選びたいムートンブーツUGGとEMUシープスキンの違い

似ているけれど・・履いてみたら、それそれ特徴があって、やっぱり違うみたいだ。UGGとemuブランドの違いに迷ったら、履きごこちや実用面で選ぶといいかもしれません。

おまけのエミュ<機能性ムートン>由来

エミューという鳥の写真を撮ってきました↓(名前はラムちゃん)座ってますが本当はダチョウみたいな仔です。

エミュー オーストラリア emuの由来

オーストラリアといえば、シープスキンの国。EMUはオーストラリアの国鳥で「誇り高く」、「すばやく前進する能力」、「回復力」などがあり、ムートンブーツブランド「エミュ」の由来になっているそうです。

エミューは2013年モデル~2014年モデルの間で、定番ムートンブーツのスタイルが大きく変化しています。見た目の他「ブーツ重さ」、「インソールの着脱(有無)」に違いがあり、旧モデルはアウトレットセール価格で出てくる傾向も。emuの最新モデルを探すなら、スペックをチェックしたほうが良いかもしれません。

<UGGの撥水ブーツ>クラシックモデルが2016年から発売開始

<2016秋冬>世界中で愛されているUGG®のアイコニックなブーツが機能性をプラスして新たに登場しました。

UGGのアイコニックなブーツに機能性をプラスしアップデートしたClassic Mini II(クラシック ミニ II)。長年愛され続けているブーツのベースシルエットはそのままに、Scotchgard™(スコッチガード)プロテクターを施し、撥水・防汚性をプラス。

↓こちらは、Classic Short II(クラシック ショート II)です。

どちらも、アウトソールには軽さと柔軟性・耐久性・クッション性とグリップ感を高めた新構造のTreadlite by UGG™(トレイドライト バイ アグ)を採用。より魅力的なアイコンへと進化させました。レザーのロゴラベルもポイントです。

最新モデルはこちら⇒UGG(R) ウィメンズ 撥水加工一覧ページ

UGG(R) 公式サイト(アグ 公式サイト)