当記事はエディーバウアーのヴィンテージダウンについて書いています。<更新>エディー・バウアーの新着記事はこちら

<New>ダウン入りで今年も登場!エディーバウアー2017福袋の記事はこちらです

エディー・バウアーの本社へ行ってきました。見せて頂いたのは、歴史あるブランドのコレクションです。シーズンは春夏ですが、エディーの代名詞である「ダウンジャケット」を原点に、新作などを紹介します。

こちらはメンズ用。珍しい古着のGジャン(デニム ダウンジャケット)を着用したり、普段 なかなか出来ない体験をさせてもらいましたよ。

エディーバウアー EBデニム ダウンジャケット ヴィンテージ

うちは相方のほうがEBファンで。私は初めて見るものが多かったのですが、・・まさにファンブック(ムック本)に掲載されるようなアイテムに触れてきました。

  1. エディー・バウアー<ブランド原点>スカイライナー/日の出タグ
  2. EB×USA国旗パッチ新作<ヴィンテージ>カラコラム・パーカー
  3. <ポーラーパーカー>米空軍 B-9/専門ガイドが選ぶ エディーバウアー

エディー・バウアー<ブランド原点>スカイライナー/日の出タグ

エディーバウアーを語る上で、欠かせないのは、米国初のダウンジャケット「スカイナイナー」、米軍フライトジャケットの「B-9」、アルピニストの依頼で作られた「カラコラム パーカー」・・伝統の3大モデルと呼ばれているそうです。

レプリカも含め、貴重なコレクションが展示される中、誕生エピソードなどを聞いてきました。

Eddie Bauer (e-MOOK 宝島社ブランドムック) エディーバウアー

↓ こちらは通称:日の出タグ/ヴィンテージ感溢れる、ファンにはたまらない、クラシックなデザイン。

エディーバウアー イメージ 日の出タグ ヴィンテージ

↓ そんな “日の出タグ”を 現代に再現したが、使われなかったらしい「タグ」。

EBで作られた物なので、ブランド品には違いないのですが・・こんなお茶目な ヴィンテージ・ラベルを作る事もあるようです。

エディーバウアー イメージ 日の出タグ ヴィンテージ

ざっくり「ダウンジャケット」が有名な事は知っていたけど、米国初のダウンジャケットを開発したというのも、本当に 本当なのね☆

こちらが、その「スカイライナー」1936年 米国初のダウンジャケットです(レプリカ)

スカイライナー ダンジャケット エディーバウアー

本物は、フラッグシップ店である、新宿サザンテラスのヘリテージウィンドウで見られるらしい。

いまや当たり前となった、キルティング模様。ダイヤモンドキルトの防寒用ダウンに、我々は見慣れていますが、この形に導いたのが、エディー・バウアー氏(人物)なんだって。

↓ ちゃんと、特許申請していた事が強みになったらしく、ダウンジャケットのパイオニアとして、世に名を残すブランドとなりました。

エディーバウアー ダイヤモンドキルトダウン 特許申請

<公式SALE>エディー・バウアーダウンジャケット・ベストicon

復刻盤として登場する事もあるそうで、今風にアレンジされながら、創業者のスピリットを受け継ぐ ブランドの代表的なモデルは、公式オンラインストアでも見られますよ。

もくじに戻る

EB×USA国旗パッチ<ヴィンテージ>カラコラム・パーカー

1953年、カラコラム山脈 K2登頂に挑戦をした、アメリカ探検隊のために開発された、伝説のヴィンテージアイテムが「カラコラム・パーカー」です。

エディーバウアー カラコラム・パーカー

エディーバウアーが お好きな方は、こういうパッチ(ワッペン)が「付いているほうがスキ!」っていう人も、多いみたいですね?!(うちもそうなのだが)がっつり入ったロゴマークとか・・。

今季モデル(春夏)から、おすすめな「超・エディーバウアー服」を探してみました。

↓ 2015年 新作 メンズ・ポロシャツ(そうそう、こういう服ですよ)

エディーバウアー クールプラス フラッグパッチチェストブロックピケ ポロシャツ

この服、スタンドカラーっぽく、襟を立てて着たときも、しっかりエディーバウアーしているのだ(ロゴが強調される)

エディーバウアー クールプラス フラッグパッチピケストライプ ポロシャツ

<発売中>今季モデルエディーバウアーのTシャツ・カットソーicon

写真のポロシャツ(男性用)は、吸水速乾 素材「クールプラス」が採用されたアイテムです。汗をかく季節もサラっと快適に過ごせる 嬉しい機能付き。5月中旬頃、公式サイトにて発売開始予定(アイテム/クールプラス フラッグパッチ ピケストライプ ポロ)

もくじに戻る

<ポーラーパーカー>米空軍 B-9/専門ガイドが選ぶ エディーバウアー

一般的には、ポーラーパーカーと呼ばれるらしく、その名の通り「北極」など極寒地で活躍した、ポーラーダウンパーカーには、デイビッド・スコット氏が(お父さんのEBダウンを借りて)遭難を免れたという、エピソードがある。

ポーラーダウンパーカーエディー・バウアー

それにしても。いろいろな物を “ダウン”で作ってきましたね~~

↓ ちょっと面白い?顔用のダウン

エディーバウアー 顔用ダウン ダウン手袋

同様に、エディーの実力派アイテムとして、現代に引き継がれるモデルが「B-9ダウンパーカー」です。

当時、アメリカ空軍のフライトジャケットは、ムートン素材が主流になっていた為、パイロットは身動きがとり難かった。そこへ、軽量のダウンジャケットを提案した、エディーバウアーの「B-9フライトジャケット」は たちまち人気に・・!

軍服に、ブランドロゴを表示できるのは、類い稀な事で、アルピニストから軍隊まで、EBがその道のプロ(ガイド)に信頼されてきた所以がわかる気もします。

<2015 NEW>登山服/タウンユース EBの新ファッション

意外に?カジュアルな服を見つけました。こちらも古着だそうです。

エディーバウアー EBデニム ダウンジャケット ヴィンテージ

見た目は、Gジャン・・でもやっぱり、中を開けると「ダウンジャケット」なんだわ(笑

エディーバウアー EBデニム ダウンジャケット ヴィンテージ

総合的に。ヴィンテージ篇となると、男性気質が高めの エディーバウアー。ミリタリー等にルーツを置き、格好よくアップデートされていますので、男子は好きなんじゃないかな?

写真(左) EBヴィンテージ/(右)2015年 新作モーション/トラベックス(ともに男性用)

エディーバウアー EBデニム ダウンジャケット ヴィンテージ 2015エディーバウアー トレーニングウェア トラベックス モーション

  1. アウトドア(=普段使いできるカジュアルライン)
  2. ファーストアセント(=アスリートが開発に携わる本格アウトドア)
  3. トラベックス(=トレッキング&トラベル・機能性ファッション)
  4. フィールドスポーツ(創業者のスピリッツを反映したスポーツライン)

昨年度、日本上陸20周年を迎えた エディーバウアーでは、4つのシリーズを展開。今年は更に、ヨガやトレーニングに特化したウェア「モーション」がコレクションに加わります。

ウィメンズからは、羽織りのジャケットや、柔かなフレンチリネンなどを試着してきました。女性が街中で着られる、ファッション性を重視したアイテムも揃っていましたよ。
レディースウェア・モーションのレビューはこちら)

エディー・バウアー オンラインストア