クロックスのWEB限定のウェリー レオパード プリント ブーツ ウィメンを見せてもらいました。直営店などでは、柄入りの「ウェリー」は置いていないはず。ネットのみで買える、アニマル柄の長靴です。(2013-11-17最終更新)

wellie leopard print boot w ウェリー レオパード プリント ブーツ ウィメン

個性派ですよね。ちなみに「レオパード」ながら、柄には「豹柄」と「蛇柄」が両方混じっているのだそう。主役級のレインブーツですね。

足首から上へと、すらりとしたロング丈のレインブーツで、全てのクロックスに共通するのは「軽さ」。ゴム長と同じ感覚でもつと、あまりに軽くて、crocsのレインコレクションには驚かされます。その快適さから、小さなお子様にも長靴は人気みたいですよ。

インパクトがある!アニマル使いの大人柄ブーツ

服はシンプルに。足元はエッジをきかせ、さし色のようなインパクトを作ると、アニマル柄がより格好良くみえそうです。

あえて靴から、コーデを組み立てて、柄を活かしてブーツが履けると、人とは違う雨の日のお洒落が楽しめるかも。こうゆう柄は、1点だけで、ポイントになるように投入すると、際立ちすぎず、大人っぽく。しかも失敗が少ない。

icon icon

女性サイズの20cm~25cmまで対応。WEB限定色はGraphite / Sand Duneのワンカラーのみです。

crocsスタッフさんが着用された写真です↓

wellie leopard print boot w ウェリー レオパード プリント ブーツ ウィメン

ウェリー レオパード プリント ブーツ ウィメン(というか、全ウェリーのシリーズは)実際に履いてる姿をみると、足首のラインが綺麗に出るんだな、と思いました。

これまでクロックスの長靴は、大人が履くにはちょっと可愛いすぎる印象だったんです。子供が履いてると、めちゃくちゃ愛らしいのに。

ウェリーは、ほんの少しヒール付きになったので、スタイル自体が変わってみえますよ。

今更ですが「ウェリー」とは何者?

ビーンズブーツで有名な、L.L.Bean(エルエルビーン)にもBean’s Wellies(ビーンズ・ウェリー)というブーツがあったり、LANDS’ END(ランズエンド)にも「ウェリー・レインブーツ」と、クロックスと同じ商品名の靴がある。あのHUNTER(ハンター)にも、ORIGINAL WELLYがあるくらい。

ウェリーとはなんだ??と思い、調べていたら「ウェリントン・ブーツ」に辿りつきました。

【ウェリントン・ブーツ】イギリスの英雄、ウェリントン公に由来し、メンズファッションの歴史に改革を起こした、ブーツの名前なのだそう。

「ウェリントン」とか「ウェリー」とも呼ばれ、スマートなブーツスタイルを確立していく。(参考/HUNTER ウェリントンブーツの歴史)

現代は、レディース・レインブーツにもなっているみたいだけれど、スタイルが「キレイめ」なところは、つじつまが合う気がします。

crocs wellie rain boot w ←ウェリー

クロックス的にも、ちょっぴり大人で「お姉さん風」のラインをもつ王道レインブーツです。

クロックス2013レインコレクション

3種類のcrocsレインブーツが飾られていました。緑と赤が「ウェリー レインブーツ ウィメン」、茶色が「レインフロー ブーツ ウィメンズ」、ネイビーは「ジョージー2」になります。

クロックス2013レインコレクション

ウェリーとレインフローブーツを並べて見ると、ヒールのかたちが違っていたり、筒周りの太さも異なりますね。

私が履いているのは、レインフローのほうで、ファームブーツ(農業長靴)のような柔かさが特徴になります。折り畳めるくらいなので、パッカブルタイプと言えそう。少々だぼつくくらいの見た目が、ルーズで可愛いイメージです。

クロックス2013レインコレクション

ブログランキング・にほんブログ村へ

アウトドア製品などにも見られると思うけれど、こんなふうに折り曲げられます。

出先での下駄箱など、一時的な収納時や、夏フェスみたいな屋外イベントの携帯用にも。クロックスは軽いので、丸めて持ち運べば便利かもしれませんね。

rain floe boot w レインフロー ブーツ ウィメンズ

関連記事/買って良かったレインフローブーツで雪かきクロックスのソフト長靴

王道ブーツのウェリーにはWEB限定カラーも登場し、crocsには軽量&カラフルなレインブーツが豊富に揃っていました。

クロックス オンラインショップ