クロックス2017年秋冬モデルより、新作の「ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメン」を履いてみました。

シンプルなデザインでコーデを選ばないカジュアルな良さと、コンフォートシューズブランドの履きやすさを併せ持つ、クロックスらしい一足です。

着用イメージ(写真)と、ブーツのスペックをご紹介します。

クロックス Women's LodgePoint Synth Suede Bootie ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメン

私の第一印象では、デニムとあわせたい“ぺたんこ靴”でしたね。すっきりしたラインのパンツや、レギンスとも相性よさそうです(理想)

↓この日はボーイフレンドデニム(ゆったりしたライン)を履いていまして、ブーツインした時も少しゆとりのあるシルエットになりました。

クロックス Women's LodgePoint Synth Suede Bootie ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメン

これからの時期にファッション誌等で露出が多くなる、ムートンブーツのようなシルエット。かな?

大人向きな特集では、1マイル~3マイルウェアの足元を飾るコーディネートとして紹介されることもあり、

ムートンの丈は長めだと見た目がもたつく事もあるため、自分はミニ派なんだけど、クロックスの丈感はいいですね♪

【参考】ブーツの筒丈 / シャフトの高さについて

UGGブーツのクラシックミニで、シャフトの高さが約14cm。

クラシック ショートだと約20cmありますから、、、

UGG CLASSIC MINI
UGGブーツ アグブーツ クラシックミニ グレー

クロックスのロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメンW7(23cm)の場合は、筒丈が約16.3cmでホントにいい感じの丈感なのです。

crocs Women’s LodgePoint Synth Suede Bootie
クロックス Women's LodgePoint Synth Suede Bootie ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメン

ちなみに。アグさんの内部ライニングはツインフェイスシープスキンという、モコモコを搭載していてスゴクあったかいのですが、

クロックスさんはライニングも、つま先もスリムです。

その点では、暖かさとファッション性を兼ね備えたブーツと言えそう。また、こちらはフェイクスエードとなりますので、気負わないメンテナンスしやすさもあるようです。

クロックス Women's LodgePoint Synth Suede Bootie ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメン

素材 / (甲):合成繊維、(底):合成樹脂、ゴム

着脱は面ファスナー(マジックテープ)で履き口を広く開けられます。

クロックス Women's LodgePoint Synth Suede Bootie ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメン

アウトソールにはラバー素材を採用。滑りにくさは勿論のこと、摩耗しにくいという利点もあると思います。

さらに、ゴム底のわりに軽く感じるのは、クロックスのよいところ。

フットベッドは軽量素材クロスライトを2層構造で使用したデュアルコンフォートになっており、クッション性を高めてあります。←定番サンダルなど(アイコニックコンフォート)との比較による※

クロックス Women's LodgePoint Synth Suede Bootie ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメン

私の足は甲高なので、ブーツ選びのネックになるのが「履き口」です。サイズは合っていても足入れからして叶わない、、、

そこが入ったとしても、靴の甲に硬い縫い目などがあると、スムーズに履けないことがあります。

クロックスのブーツは、履き口は面ファスナーで開きますし、全体的に柔らかく形成されていてラクに履くことができました。

クロックス Women's LodgePoint Synth Suede Bootie ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメン

ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ ウィメン

Women’s LodgePoint Synth Suede Bootieは、ぺたんこ靴の歩きやすさと、crocsのクッション性で快適に履ける、秋冬の暖かなブーツです。

昨年モデルよりもデザインはシンプルに変わり、ちょっと大人っぽくなってコーデの幅も広がりそうなルックスでしたよ。

カラー展開は鉄板のブラックと、ヘーゼルナッツ(茶系)からお選びいただけます。

クロックス 公式オンラインショップ