クロックスの2016年モデル・新作ブーツから「ロッジポイント レース ブーツ ウィメン」を履いてみました。

今季は“ロッジポイント”というシリーズ名で、3パターンデザインが異なる女性用ブーツが登場しています。写真のブーツは全て同じコレクションなんですよ。

クロックス 2016秋冬 ブーツ ロッジポイント

ざっくり分類すると、「スエード風」「フェイクファー素材」「ナイロン」。このように素材とルックスにかなり違いがあり、

lodgepointコレクションには、親子コーデが楽しめるキッズブーツとお揃いモデルや、悪天候でも着用できる、雨や雪に強いナイロン素材を用いたブーツなどがあります。(※完全防水モデルではありません)

クロックス ロッジポイント シンセティック スエード ブーツ ウィメン

⇒親子コーデができるクロックス/ロッジポイント シンセティック スエード ブーツ ウィメンの記事はこちらです 姉妹サイトへ

2016秋冬ブーツ ロッジポイント レース ブーツ ウィメン

ブーツの履き口には、ふさふさのフェイクファー。

シューレースを縛り上げると、ボリューム感のあるファーが更にかわいい。

クロックス ロッジポイント レース ブーツ ウィメン

カジュアルに履けるモテ靴です。ブーツ丈とファー素材のバランス配分が良かったのか、見ている時よりも、履いてみたほうが好印象。

足首をマークする脚を華奢な印象に。透け感のあるシアータイツと合わせても女性らしく履けそうです。

クロックス ロッジポイント レース ブーツ ウィメン

カラー/Pomegranate

ロッジポイント レース ブーツ ウィメンは、ナイロンアッパーを使ったスポーティな一面と、女の子が大好きな「ファー素材」をMIXにした、アクティブな冬用ブーツです。

ベースのナイロン素材は、雨雪の日もOK。アウトソールはゴム底になっていますので、滑りにくい仕様です。こう見えて、なかなか機能的な靴なんですね♪

クロックスの新基準 the comfort journey

2016年から採用されている、クロックス独目のコンフォート(快適性)システム 『the comfort journey』においては、「レベル2」デュアルコンフォートにあたります。

クロックス 快適性システム コンフォートレベル コンフォートシャーニー

コンフォートジャーニーとは、シューズの履き心地をレベル別に分けて表示したもので、主にクッション性に違いがでてきます。

現在は全てのクロックス・シューズが3段階にレベル分けされているんですよ。

定番サンダルが標準的なクロックス(=レベル1)の履き心地だとすると、ロッジポイント レース ブーツ ウィメンは一段上の快適性がある、「デュアルコンフォート」に分類されます。

特長は、二層構造のフットベッドで、ダブルのクッション性が感じられるモデルになっています。

crocsブーツコレクション 2016スタイルブックのコーディネート

クロックスのスタイルブックより、コーディネート提案を見てみると、デニムに合わせているんですね。

ムートンコートや、あったか耳あてのモコモコ感と、足元のボリュームファーの相性が良さそうです。

クロックス ロッジポイント レース ブーツ ウィメン

ディテールを見ると、意外と男前なブーツだったのかも。水にも強いとあって、エナメル調素材がちょっぴりハードな印象です。

個人的には、同色タイツに合わせた、女の子らしいコーデもおすすめです♪

「ミニスカート」、「ファーティペット」、袖口にファー素材をあしらったエレガントなコートとも甘辛に仕上がりそうですね。

40代の私がそのまま実行したら、家族に止められそうですが、、、

クロックス ロッジポイント レース ブーツ ウィメン

女性用22~26cm/全2色/ロッジポイント レース ブーツ ウィメン

若い方なら、異素材で作る絶妙なバランスフェミニンにも、カジュアルにも履きこなせるのではないでしょうか。

それでいて、防寒ブーツの役割をしっかり果たしますから、クロックスは侮れません。

今季は、どんな天気の日でも履ける「全天候型」を謳った防水のオールキャスト(allcast)のシリーズや、雨や雪の日でも履ける仕様になった、ナイロンアッパーを搭載したモデルも多いです。ロッジポイントは完全防水ではありません※

もはやクロックスは軽くて当たり前。冬ブーツのキーワードは、防寒+撥水です。天気を気にせずに履ける、おしゃれなブーツは確実に活躍してくれそうです。

クロックス 公式オンラインショップ