2018クロックス福袋 発売開始しました。
クロックス 公式オンラインショップ

関連レビューはこちらです

クロックス2017年秋冬コレクションの展示会に行ってきました。

クロックス2017年秋冬コレクション展示会 クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン ブーツ

crocsブランドならではのウェッジヒールのブーツは、安定感履きやすさで毎年人気のモデルだそうです。

昨年から引き続き、継続販売される「レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン」(画像/茶色)と、

さらにLeigh(レイ)シリーズの新作も登場「クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン」(グレー)2タイプの違いなどをご紹介します。

【追記】2017fwウィメンズブーツ【まとめ】今季クロックス・ブーツを一気に見るダイジェスト記事はこちらです

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

  1. クロックスブーツ/Leighコレクションの特長
  2. <履いてみた>2017新作 クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン
  3. ブーツの着脱方法とスペック
  4. 2種類のレイ・ブーティを比較する

クロックスブーツ/Leighコレクションの特長

クロックスの「Leigh(レイ)」って、冬ブーツだけじゃなく、夏にはサンダルとしても登場するんですよね。

共通するのは、スタイルが「きれいめ」で、ワイズも細身に作られていて、女性らしいイメージであること。これだけは譲れないポイント。

今年(2017年秋冬モデル)は、タッセル付きでかわいいです♪

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

基本はどちらもウェッジソールですが、夏のレイがアンクルベルトのみで足を固定するサンダルなのに対し、

クロックス レイ 2.0 アンクル ストラップ グラフィック ウェッジ ウィメン
レイ 2.0 アンクル ストラップ グラフィック ウェッジ ウィメン/2016年モデル

冬のレイは、ブーツ型になって、ホールド力が増す為、ちょっと高めの6cmヒールでもぐらつきにくく、より安定性を感じます。

フェミニンなルックスはそのままに、靴型の作用もあってか、とても歩きやすくなってる印象でしたよ。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬
【2017新作】Women’s Crocs Leigh Suede Mix Bootie(クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン)

そして、ウェッジヒール(厚底)でも、重さを感じさせないのが、クロックスの良いところ。

すっきり見せるデザインと、軽量素材クロスライトによるデュアルコンフォート(※)でクッション性があり、疲れにくいのも嬉しいポイントです。

  • (※)デュアルコンフォート:硬柔の異なる合成樹脂を二層構造にしてクッション性を高めたモデルです
  • 素材/(甲):本革、合成繊維、(底):合成樹脂/PU素材(アウトソール)

<履いてみた>2017新作 クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン

2017秋冬の新作は、リアルスエードのアッパーと、少し起毛立ったファブリック(合成繊維)の異素材MIXのブーティ。

本革のブーツは足馴染みが良く、暖かみのある布素材も秋冬らしいルックス。

カラーはシンプルに「ブラック」と「グレー(Slate Grey)」の2色展開になっています。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

秋冬モデルだからといって変にモコモコしすぎないのが、レイの良さかもしれませんね♪インソールにクッション性は感じるも、足入れはスッキリ。

クロックスの代名詞である丸みを帯びたクロッグ(定番サンダル)とはかけ離れた、スタイリッシュな印象ですが、

中敷きに使われるクロスライト(合成樹脂)には、サンダル由来の履きやすさが健在。

しかもデュアル(二層構造)仕様だから「あのサンダルを超えた」履き心地と言ってしまってもいい。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

通常のクロックスでは珍しいハーフサイズ展開(0.5cm刻み)なので、フィット感にもこだわってサイズを選べますよ。

【サイズ参考】私は普段23.5cmのシューズを履いています。クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメンはW7(23cm)で違和感なく履けました。着用の際は、素足と網タイツ(=ストッキングもOKそうです)薄手のソックスで試しました。厚手のソックスだと厳しいかもしれません。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

もくじに戻る

ブーツの着脱方法とスペック

ブーツの脱ぎ履きは、内側のファスナー開閉で簡単に行えます。

一応、補足なのですが、タッセル装飾は筒まわりを一周ぐるりと囲んでいるけれど、着脱の妨げにはなりません。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

アウトソールはラバーを採用しているため、滑りにくい仕様になっています。グリップ力の強化と靴底の摩耗への耐久性も高まります。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

2種類のレイ・ブーティを比較する

冒頭でもご紹介しました通り、新作と旧作。種類あるレイ・ブーティを比較してみました。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

(左)【2016年~継続モデル】全2色/Black/Espresso
レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン

(右)【2017年秋冬新作モデル】全2色/Black/Slate Grey
クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン

ヒールの高さはどちらも6cmのウェッジソールです

レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン

一番は、やはり素材の違いですね。昨年モデル(今季も継続販売中)のレイは、シンセティック=合成皮革を使用しています。

天然素材よりも、気負わずお手入れしやすい良さはあるでしょうし、フェイクと言えども!なめらかな質感には高級感さえ感じます。

クロックスブーツ レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン

デザインはとってもシンプルです。流行に左右されにくい黒と茶の2色展開。

商品名にも「レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ ウィメン」と、合皮を示すワードが入っているんですね。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン

一方、2017年新作のレイは、リアルスエードを使用した本格派。ちょっと格上感を醸し出してるけれど、そのわりにプライスは良心的な気も。

何より、クロックスのブーティは、履きごこちが良いです。

私的な推しブーツだから、このレイの為にね→「デニム」やら「スカート」を着替えて撮影してみたけど、幅広いコーディネートに対応できそうなビジュアルでしたよ。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

つい先日“タッセル”のアクセサリーを探して5時間池袋を彷徨ったばかりだけれど、、、やっぱり可愛いなぁ~♪タッセル♪

ブーツ全体が本革なのではなく、一部には合成繊維が使用されています。

「クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン」、、
その旨・・ミックス!に要約したのね?、、というのが個人的解釈だ。

クロックス2017年秋冬・ウィメンズブーツより、人気モデル「Leighシリーズ」についてまとめました。

crocsさんに「ピンヒール作って?」というのは難しいでしょうけれど、

逆に『ウェッジヒール』は大得意とする分野。私の知る限り、昔っから春夏秋冬ずーーっと作り続けてます。

クロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメン タッセル レザーブーツ 2017秋冬

レイのようなキレイめの靴は、見た目がクロックスらしくないと思われるかもしれませんが、

フォルムをシャープに変えたり、ヒールで着地する衝撃を緩和するためにコンフォートレベルを上げたりと、

デザイン・機能性ともに、定番ウェッジも確実にブラッシュアップされていましたよ。また天然素材を使用した、本格派シューズも増えてきました。

最近ではハイブランドとのコラボも注目され、ファッション業界での立ち位置までもが変わりそうなクロックス。

この冬は、価値ある一足を探してみてはいかがでしょうか?

クロックス 公式オンラインショップ