柔かなクロックスが好きなら、ワラチェの登場は、「ナニ!?この新感覚」なんて思ってしまうかも。

でも、去年クロックスから、発売されていたシューズとも、同じ素材なんだって。

(同じ素材だけど)2013年のバージョンアップ版で、ワラチェは、これまでのクロックスには無かった履きごこち。

クロックス ワラチェ

触ってみると、すごく柔かく、キャンディカラーをしている。まるでお菓子の「グミ」みたい。

(事前展示会でそのウワサは聞いていたのに想像以上!)クロックスは素材で、こんなに変わるのか?と、進化したシューズに驚きました。

※当レビュー記事は商品の提供をいただいた上で執筆しております。

huarache flat w ワラチェ フラット ウィメン

  1. スタイル別にみるcrocsワラチェ
  2. 2013年 サンダルクロックスが新感覚になった
  3. ウエッジ、フラット、フラップ。3種の違い(huarache)

スタイル別にみるcrocsワラチェ

細い網状に形成された、ワラチェの独特のスタイルは、メキシコの手編みサンダルが、ルーツになっているそうです。

注目は、華やかなマルチカラーの登場。一見、派手だけど、人気色らしいよ。

通常のクロックスより、若干透明度のある素材は、その他もカラフルなラインナップ。日焼けした肌にも映えそうです。

クロックス ワラチェ

カラー:Multi / Geranium

現在発売されているのは、この3タイプ(わたしはフラットタイプをモニターさせてもらいました)

  • (奥から)4.5cmヒールのある「ワラチェ ミニ ウェッジ ウィメン」
  • フラットな履きごこちの「ワラチェ フラット ウィメン」
  • ビーチサンダル風に履ける「ワラチェ フリップフロップ ウィメン」です。

ワラチェ コレクション icon/クロックス公式オンラインショップ

「ワラチェ」コレクションは、日本だけでなく、世界中のクロックスで、爆発的に人気!って聞いてますよ。

来年の夏(2014年)もクロックスから、継続販売が予定されるシリーズで、今年買った人も、来年、また堂々と履いていられる靴。

もくじに戻る

2013年 サンダルクロックスが新感覚になった

(昨年モニターさせてもらった)カリアナサンダルとも「同じ素材」TPUで作られているらしい。

バージョンUPしたと聞き、直営店で履き比べています。比較した、カリアナサンダルのレビューはこちらです

断然、ワラチェのほうが、柔かいですね。

TPU ワラチェ カリアナサンダル 比較

ラインの細さだけじゃなくって、素材そのものが、ソフトになっていました。更に「手編み風」のアッパーが、足に優しいホールド感。

去年のクロックスには、この「柔かさ」が無かった。

クロックス ワラチェ  

夏は、素足にサンダルを履くことが多いから、靴が原因で起こる、トラブル対策に。ワラチェの柔かさなら、痛くなりにくいと思うし、気持ちよく履くことが出来そう。

もくじに戻る

ウエッジ、フラット、フラップ。3種の違い(huarache)

2013年夏。ウエッジ、フラット、フラップ・・と、3種類のワラチェが、登場したのですが、それぞれ、履いた感覚は違いますね。

クロックス ワラチェ

着用/ワラチェ フラット ウィメン icon

鼻緒のある、フラップ(ビーチサンダル風)は、足の甲にかかる、ストラップ部分が深いデザイン。

真上からみると、こんな感じ。※右側がビーチサンダル風です

ワラチェ フラット フラップ 違い

(左)ワラチェ フラット ウィメン/(右)ワラチェ フリップフロップ ウィメン

ワラチェくらい柔かだと、ホールド力は弱くなるので、フリップサンダルも深履き出来たほうが、歩き易いのかもしれないな。

「かかと」のあるワラチェ・サンダルの履きごこち

他、2種類は「かかと」の付いたサンダルになります。かかとがあるだけで、靴ズレが心配になったり、靴選びのハードルが、ちょっと高くなるんですよね。

私がワラチェのなかで、唯一「硬さ」を感じたのも、踵でした。

クロックス ワラチェ

手編み風のストラップを束ね「縦軸」になっているような部分で、素材自体に、厚みを出している。靴の芯みたい。

過去の靴ズレ跡が残っていたり、踵の痛みを感じがちなら、ウェッジヒールのほうが、履きやすいと思います。

ウェッジサンダルには、硬い軸が無い。履いた感じも「かかと」が浅く入るようなデザインです。

ワラチェ フラット ウェッジ比較

フットベッド(インソール部分)は、お馴染みの、ソフトなクロックスなんですよ。ワラチェの柔かさを追求すると、ちょっぴり硬い部分を見つけてしまいました(笑)

クロックス ワラチェ

少しずつデザインが異なるので、ワラチェ iconを履いたとき、足で感じる感覚も違います。フラットタイプを履いてみて、私はワンサイズ小さめを選ぶと、ちょうどよいフィット感が得られました。

新感覚のクロックスは、3種類から選べます。あともう少し、夏サンダルで過ごせそうですね。

クロックス オンラインショップ