誇張するわけじゃないけど、クロックスの展示会へ行ったときに、非常に印象に残った、シューズの感想です。

「ジアンナが、おそろしく履きやすい。」

クロックスの人がそう認めた、待望のコンフォート系『クロックス』が2013年秋冬に始動。

crocs gianna heel w (クロックス ジアンナ ヒール ウィメン)

crocs gianna heel w 

フラットタイプと、ヒールタイプの両方が揃うジアンナは、WEB限定カラーが登場するなど、たしかにcrocsでも、気合入れて展開してる?感じだよね。

・・そこまで言うのなら!と。私もその場で、履いてみた。

ジアンナヒールとキャップトゥウェッジ(ヒール)

ジアンナとは、キャップトゥ・シリーズの、つま先部分のデザインを、上に引き上げた感じの靴?ざっくりですが、第一印象で感じました。

crocs gianna heel w (クロックス ジアンナ ヒール ウィメン)ジアンナ

つま先にアクセントがあり、異素材を用いた光沢感をもつクラシカルなシューズが「キャップトゥ」です(※下写真)

cap toe flat w (キャップトゥ フラット)と、cap toe wedge w (キャップトゥ ウェッジ ウィメン)があり、モニターをした事もあったから、思い出したのかなぁ。

着画コーデとクロックスヒール秋靴のサイズ選びキャップトゥウェッジ/関連記事

クロックス ウェッジヒール キャップトゥ 着用キャップトゥ

・・つま先の。光沢部分には、硬さのある素材(TPU)を使っているんだけど、グイっと!上に、ズラしたように見えるのが「ジアンナ」のコンセプト。

光沢部分には、エナメル風パテント素材を使っているそうです。

crocs gianna heel w (クロックス ジアンナ ヒール ウィメン)

crocs gianna heel w (クロックス ジアンナ ヒール ウィメン)

両方試してみると、crocs gianna heel w (クロックス ジアンナ ヒール ウィメン)のほうが、ゆったりした履き心地に感じた。

crocs gianna heel w (クロックス ジアンナ ヒール ウィメン)

ヒールパンプスは、重心が前傾しがちなんですよね。つま先側に体重が乗るため、少し窮屈な靴を、大丈夫だろうと履いて出掛けたら、痛くなってしまったり・・。

そんな経験から思ったのが、つま先まで柔かな、クロスライト素材を使った、ジアンナ ヒールウィメンは、足先のホールド感が穏やか。履きやすいような気がします。

ジアンナヒールとジアンナフラット

その後、直営店でもジアンナが発売開始し、再度、試着する機会がありました。

今季ジアンナ ヒールウィメンのカラーは「黒」と「茶」で、とてもシンプル。一部、光沢はあるけれど、そんなに目立たないので、通勤やオフィスでも履けるパンプスだと思います。

好みがあると思うけれど、ウェッジヒールよりも、華奢で女性らしさのある「かかと」の形が、気に入ってます(ヒール約5cm)ラバーソールで、滑り難さも強化されている。

crocs gianna link flat w クロックス ジアンナ リンク フラット ウィメン

crocs gianna link flat w(クロックス ジアンナ リンク フラット ウィメン)

ジアンナには、ポップなWEB限定カラーを含む、「青」や「紫」色のカラフルなフラットシューズがあります。

基本のデザインはヒールタイプと同じ。(写真は、オンライン限定色で発売している、デコられたジアンナさん)

crocs gianna link flat w クロックス ジアンナ リンク フラット ウィメン

【ネット限定】クロックス ジアンナ リンク フラット ウィメン/サイズ 20cm~27cm

私がクロックスのフラットシューズを買う場合は、大抵ワンサイズ小さめを選ぶと、足に合うので、ヒール付きシューズとは、サイズを変えて選んでいます。

クロックス ジアンナヒール ウィメンは、同フラットよりも少し肉厚でしたね。

クロックスジアンナフラットとヒール

クロックス ジアンナ ヒール ウィメン

「ヒール」が高くなっただけ、と思いがちですが、あまりクロックスでは見かけない「美麗ヒール」に形成されたパンプスで、重厚感があります。対する、クロックス ジアンナフラット ウィメンは、ラフに履けるペタンコ靴。

フラットタイプには、柔かさも感じましたし、ゆったりめの履きごこち。crocsを知り尽くしたスタッフさんが「おそろしく、履きやすい」と、ジアンナを指名するのも、分かる気がしました。

キレイめヒールから楽ちんフラットまで秋冬4種のクロックスジアンナ/関連記事