クロックスのワークシューズに注目しています。飲食店で働く方や、病院や医療関係でお仕事される方が履くことを想定し、履き易さとプロフェッショナルに足元をサポートする機能を備えたシューズです。

柔かなフィッティングの上に、滑り難いアウトソールで厨房の濡れた床での転倒を防いだり、放電性のある素材を使うことで医療計測器などにより、からだに溜まった静電気を分散する・・。わたし達がカジュアルに履くクロックスには、こんなシリーズもあるんです。

クロックス ワークシューズ アリスワーク

立ち仕事=疲れ知らず。が一番好ましい状態だと思いますので、形は男女兼用が多めですね。まるっこい、定番型のクロックスです。これらの商品はクロックス公式オンラインショップをはじめ、一部の直営店やウィメンズクリニック、市民病院などで購入できるようになっています。

crocsマルイシティ横浜店(直営店)には、女子向きにデザインされたワークシューズが置かれていました。見た目は結構フツー!?

個人的にヒールが好きなので、orchid オーキッド はすぐに目に付いていたのですが、見落としがちだったのは「ペタンコ靴」のアリスワークです。地味なイメージですが、値段のわりに機能面がよかった。

クロックス ワークシューズ オーキッド アリスワーク

2つの違いは、4cmのヒールで客室乗務員の意見を取り入れたパンプスがオーキッド。ホスピタリティや接客業のように、ファッションで印象が変わるお仕事をされている方が選ぶクロックスとも言えそうです。

もうひとつのワーキングシューズが、alice work アリス ワーク 。私が現在履いているデュエットスポーツメリージェーンウィメンズと形が似ている・・と自分で(別館ブログに)書いてみて、改めてアリスを取りあげてみたくなり、直営店で見せてもらう事になりました。

ワークシューズのアリス似だから 新メリージェーンにも期待

チョイ似てる。アリスと新メリージェーンを並べてみました。カラーもわざと、espresso同士を組み合わせてますけどね(笑)ワークシューズのオーキッドはブラック1色のみなので冠婚葬祭や学生さんの就活にもよいですし、アリスワークは黒と茶系の2色展開です。

そして、ちょっぴりピンク色が見えてるほうが、スポーティーになったメリージェーンです。

クロックス アリスワーク デュエットスポーツメリージェーン

よく見ると甲のカットも少し違い、アリスのほうはスクエアがかっている。ワークシューズは足幅の一番広い部分を圧迫しにくいデザインにしているようです。

ストラップがありますので、脱げにくさは両方とも同じくらい。更にアリスは、ストラップを動かせるようにしてあります。人の動きに合わせてシューズを柔軟な作りにしてある点も働くシリーズといった感じです。。

クロックス アリスワーク ストラップが動く

duet sport mary jane wは「アリスワークに似ているから、ラクに履ける」とか「デュエットの二層構造なら歩き易いだろう」などという、理由があって購入してきたシューズ。

ただ、アウトソールの構造は全く違います。デュエットスポーツメリージェーンはアウトドア志向を取り入れた女性用のストラップ付きシューズです。バイカラー使いで特徴のある靴底とポップなカラーが目立ちますね。

エスプレッソカラー クロックス アリスワーク 横向き

アリスワークは女性らしいラインをしています。少し丸みをおびたあたりはクロックスらしく、見ていてキレイな形だなと思いました。

ワークスタイルに合わせたクロックス 機能性について

かかとにはソフトな布地が被せてありました。擦れ防止、かかと抜け防止の滑り止めになっていると思います。

アリスワーク かかと

仕事用の靴に使うなら、ソックスやストッキングを履くケースが多いかもしれませんが、防臭性のあるクロスライトで作られていますので素足で履けるタイプのワンストラップシューズ。

アウトソールにはラバー素材の「crocs lock」を採用。水や油で濡れた床での摩擦力を発揮し、滑り難くしています。ヒールの高い靴やレインシューズにもラバーを使っている場合がありますが、家のフローリングを歩くだけでもその違いがわかります。

クロスライトの靴底も滑り難いほうだけど、ラバーだと更にキュッ!っとストッパーが効く感じ。

クロックス ワークシューズ 靴裏 ラバーのアウトソール

よく出来てる。。。メンテナンスは簡単で汚れたら水で丸洗いできますし、水が滲み込まないクロスライトには速乾性もあります。(かかとの別布はあまりゴシゴシしないほうがよさそう)

実は・・後ろに少し映り込んでるデュエットよりも、ロープライスなんですよね。全く用途は別になりますが、似てるな~と思う部分から入っていったので、アリスワークにはお得感も感じました。

クロックス アalice work アリス ワーク

ユニセックスタイプでもありませんので、女子の足元にはしっくりきます。専門分野のシューズに分類されがちですが、普段履きできるルックスもしていると思いました。

足幅などには、ゆとりがある作りで私はワンサイズ下でちょうど良いくらいでした。また甲高な足でも、ストラップが可動することで圧迫感を感じにくいのがよかったです。

オフィス履きなど、長時間 履き続ける場面でストレス無く過ごせるラクチンシューズ。(あまり持ち帰って洗えないときにウェットティッシュなどで拭けばキレイに保てるのもいいですよ)

<公式>クロックス新商品一覧はこちら

クロックス オンラインショップ