2014年秋冬にクロックスに登場する、新素材カラーライトを紹介します。

これまでクロックスの素材を「硬い」と感じたことがある方に。薄さと柔かさが加わった素材の新感覚は、コンフォートシューズ感を高め、まるでレザーを用いた靴作りを思わせるような、全く新しい・・これまでとは違ったクロックスを体感できるのではないかと思います。

新作シューズを語るには、まず新しい「素材」から見たほうが分かり易いようです。

wrap colorlite loafer w/ラップカラーライト ローファー ウィメン

現在は正規代理店のクロックスfamさん等が取扱をいち早くスタートさせているようです。直営店及びクロックス公式オンラインショップにも間もなく入荷されると思います。(web入荷済です/2014-08-30最終更新)

革新的な新素材、カラーライトで今までないやわらかさ、軽さとシックな色合いを実現。ライナーに柔かなマイクロファイバーで快適さを向上し、クロスライト素材を使用したミッドソールとアウトソールが快適な履きごこちを実現。ワンピース構造(※)で今までにない軽さを実現。

【解説】ワンピース構造=一枚の大きな生地から必要な部分を一体で切りだす方法※

クロックスfam楽天市場店/クロックス取扱ショップ<カラーライトの解説>はこちらです

カラーライト素材の第一印象<感想>

直感的に、初めてこのシューズを見たときは、足の健康や履きごこちを優先させたモデルなのかなと思いました。

私の母が「クロックスって、色が派手なのよね」なんて言いながら、若い世代には魅力に思える点が、もっともっと年上の世代にはマイナスポイントに見えてしまうらしく。結果、ラクそうな靴なのに⇒ 履けないことが実際にあったようです。

写真は夏の新作ストレッチソール・シリーズです。私的にも、この色を選んだときは冒険した感があったのですが、足元のよいアクセントになっていました。

ストレッチソールフラットウィメン

そういう“アクセント”が必要ない方に。。。

今季のカラーライトは、秋冬のリリースらしく色も落ち着いていますし、形もローファーや(今後は)ブーツタイプが投入されるので、普段着に合わせやすい。寒くなってきたら防寒対策にも活躍しそうなシリーズが揃っています。

母はバイカラー(2色使い)さえも「派手だ」と言うタイプなのですが・・

大丈夫(笑)シンプルな単色のラインナップには、定番の「黒」と「茶(マホガニー)」がありますよ。

wrap colorlite lofer m/ラップ カラーライト ローファー メン

colorlite lofer m/カラーライト ローファー メン 男性サイズ25~29cm/全3色

新素材「カラーライト」を使用したメンズシューズです。風合いはシンセティックレザー(合皮)のローファータイプで生地は撥水仕様になっています。縫い目があるので完全防水ではありません。

ワンピース構造のメリットで、縫い目を最小限にして作られていますので、さらなる軽量化と足馴染みの良さが実現されているそうです。

・・年を重ねると、ジーパンの縫い目が痛いからなるべくシームレスで伸び伸び素材のパンツを履くのだと(これも母より)聞いたのですが、カラーライトにも、足に対して同じ克服ができるのではないかと密かに期待している。

注目ポイントは、これまであったクロスライト(クロックスの基本素材)を進化させた新作だということ。コンフォートシューズ度を高めたモデルの足へのフィット感も気になりますね。

秋の新色も出始めています。クロックス公式オンラインショップはこちらです