夏コーデに季節を先取りして、イマージュ秋色スエードパンプスを履いてみました。

今から使える旬のカラーと素材感。プライスは可愛くても、良い物を選びたい!!

そんな、デイリーに使えるコスパ靴を探してみましたよ。

イマージュ スエード靴 ボローニャローヒールパンプス

当ブログ記事は商品の提供をいただいた上で執筆しております。協力/イマージュネット

イマージュは、オフィス女子にもおすすめな大人のきちんと感に、ふんわり甘さをプラスした、グッドプライスが嬉しい♪ロープラブランドです。

今年の流行なら、太めの「チャンキーヒール」や「アニマル柄」、「ファー素材」などが人気のようですね。

思い立ったらシーズン毎のトレンドを取り入れやすい、イマージュのほどほどな価格は嬉しい限り↓↓

イマージュ スエード靴 ボローニャローヒールパンプス

⇒2016 IMAGE秋冬 vol.99号掲載【¥2,990+tax】ボローニャローヒールパンプス

履き心地を追及したデザインパンプスも取り揃えているそうで、これが☆なかなか人気らしいよ??

ロングセラーの理由は、形がシンプル・ベーシック。流行り廃りがないという良さがあり、イマージュのパンプスはリピーターの方も多いようです。

イマージュ スエード靴 ボローニャローヒールパンプス

私も履いてみましたが、このプライスで、コンフォートシューズならではのポイントを詰め込んだ感があってスゴイ!と思いました。

ボローニャパンプスのココがすごい!(驚いた点)

うおぉ?!なんですか?!この凹凸感は。。。

靴箱を開封すると、ボルドー色が落ち着いた色味だったので安心したのも束の間、インソールにびっくりです!

イマージュ スエード靴 ボローニャローヒールパンプス

ある意味、剥き出しのコンフォート感に圧倒されてしまいましたが、

冷静になって見てみると、足のアーチに沿った設計や、長時間パンプスを履くことで痛くなり易いポイントに立体感をつけてあるのが分かります。

指で押してみると、膨らみが全てクッションになっているので柔らかいんですよ。

イマージュ スエード靴 ボローニャローヒールパンプス

スエード調の素材もソフトなので、足をふんわり包み、歩いた時にやさしく着地できるような履き心地ですね。

ところで、ボローニャって何?(ボロネーゼ製法)

(靴用語なの??)ボローニャパンプスのワード『ボローニャ』について、気になったのでまとめてみました。

イタリアのボローニャ地方で生まれた靴の製法に「ボロネーゼ製法」というのがあるらしく、

最大の特長は、足あたりが良く、柔らかく履けること。

イマージュ スエード靴 ボローニャローヒールパンプス

例えるならば、まるで靴下を履いている感覚で靴を履く感じ。

・・なんて言われているそうで、a.testoni(ア・テストーニ)やBally(バリー)などの高級靴ブランドに取り入れられている製法です。

一方、靴職人さん目線でボロネーゼ製法をみていくと、

靴のアッパー(つま先部分)を袋状に作りあげていく。特に甲の素材には、革などの柔らかいものを使う。靴の屈曲性を高める。。。といった技術を取り入れるのだそう。

↓↓そう。これが、屈曲性だ!

イマージュ スエード靴 ボローニャローヒールパンプス

ボローニャパンプスは、こんなダイナミックな動きにも対応。屈曲し易いように、ソールには段階的な薄さがあり、

ちょうどココで曲がる!!そんな作りになっているんですね。

イマージュ スエード靴 ボローニャローヒールパンプス

柔らかさ抜群のボロネーゼ製法ですが、もしも天然皮革で作られていたら、結構なお値段が予想されますよね?

イマージュのパンプスは、ブランド靴に採用される技術力を、スエード風のやわらかな合成皮革で再現しているため、好きな色を気軽に試せる点が良いと思いました。

イマージュ スエード靴 ボローニャローヒールパンプス

低めの5cmヒールはこちら⇒ボローニャローヒールパンプス

高めの8cmヒールはこちら⇒ボローニャパンプス

ボローニャパンプスには、これからの季節に似合う5色(カーキ、グレー、ブラック、ネイビー、ボルドー)と、ヘリンボーン柄が揃っています。

着用色は、男前な服にも色を足すだけでレディに仕上がる、さし色。こっくり深みのあるボルドーは、ひときわ女性らしくなれる秋色です。

通販イマージュ ポインテッドトゥヒール ボローニャパンプス

今シーズンからボロネーゼ製法で、さらに履きやすさがUPしたイマージュのパンプスは、5cmと8cmの選べるヒールの高さも人気だそうです。

通販イマージュ ポインテッドトゥヒール ボローニャパンプス

★この靴をさらに詳しく!パーツ写真をみる⇒⇒つづきを読む

【比較】カラーバリエーション・ヒールの高さについての記事をupしました。

IMAGEnet