ベネビスには、ユーザーボイス。もとい、ファンレターというものが届くらしい。

ベネビス(BENEBIS)」とは、カタログ通販ベルメゾン発のシューズブランドです。履き心地の良い靴だけを集めて、ブランド25周年を迎え、特に女性に愛用者が多いのだそう。

靴選びで、悩む事は多いですね。日常的に、なくてはならないモノなのに。

ベルメゾン ベネビス BENEBIS

不満や改善してほしい点があったり、足に優しいコンフォートシューズは、確かに足によさそうでも、可愛くなかったり・・。

足を労わる機能も、デザインも、バランス良く取り入れて、選べるシューズの種類が豊富なのが、ベネビスの魅力です。

  1. あの靴をもう一度!夏人気No.1ベネビス
  2. 通販の靴選びに 0.5cmの壁(サイズ感)
  3. 低めヒール+多機能インソール(歩き易さ)
  4. ラインミュール 新旧カラーサンダル

あの靴をもう一度!夏人気No.1ベネビス

スゴイなぁと思いました。ラインミュールは、過去の人気をもとに、6年ぶりに復活した、ベネビスの「名靴」なのだそうです。

「もう一度、あの靴を販売してほしい!」そんな、ファンの声があってこそ、ですよね。

ラインミュール(ベネビス)ベルメゾン

ミュールという形状は、気軽につっかけられる為、かかとのトラブルを起こさない。ネット通販でも気軽に選べそうです。

脱いだり、履いたりもラクでした。

もくじに戻る

通販の靴選びに 0.5cmの壁(サイズ感)

試着まで、気軽に出来そうだったから、私も履いてみました。片足ずつ、23.5cmと24cm。

ラインミュール(ベネビス)ベルメゾン

微妙な0.5cm差。通販の靴は、ここで悩むんだ。

パンプスなら、かなり重要なのだろう、でも、ミュールはそうでもない気がする。どちらのサイズでもいけそうよ?

甲部分には、エナメル風の合皮が使われています。伸縮しないみたいだけど、ラインが細いから、足をホールドしていても優しい。窮屈に感じないので、ストレスになりにくそう。

ラインミュール(ベネビス)ベルメゾン

●ワイズ/2E
●ヒール高さ約5cm、片足の重さ約190g(23cmの場合)
●素材/アッパー:合成皮革エナメル、ライナー:合成皮革、ソール:合成ゴム底

ミュールは、ビジュアル的に、足にぴったりサイズで履くほうがカッコイイ。

ラインミュール(ベネビス)ベルメゾン

大抵、靴は23.5cmを選ぶとちょうど良い自分の足では、24cmだと、かかとが余っていたので、いつも履く靴のサイズ感で選ぶほうが、見た目が良さそうです。

もくじに戻る

低めヒール+多機能インソール(歩き易さ)

聞いた話によると、フラットシューズよりも、3.5cmくらいのローヒールのほうが、人は歩き易い。というデータがあるらしい。

(私はヒール派なので、特に驚かないけど)一般的には、ペタンコ靴のほうが、歩き易いと言われる事のほうが多いよね。

ラインミュール(ベネビス)ベルメゾン ブログランキング・にほんブログ村へ

ヒールがあると、スタイルが、特に、女性の脚は綺麗にみえます。

でもヒールが高めだと、前傾姿勢になり、足裏の決まった所に、いつも負担がかかり、長時間履くと疲れてしまう。そんな悩みもあります。

ベネビスのラインミュールは、5cmヒール。インソールには、クッションとパッドを入れた、多機能な中敷きを使っていました。

ラインミュール(ベネビス)ベルメゾン

少し、膨らみがあるところ、クッションになっています。歩行の際には、疲れにくく、外反母趾の足もアーチ上のパッドでサポートするそうです。

もくじに戻る

ラインミュール 新旧カラーサンダル

6年ぶりに帰ってきた、ベネビスのラインミュールに、継続カラー3色(ブラック、ホワイト、レッド)と、新しく4色が登場しました。

ラインミュール(ベネビス)ベルメゾン

ラインミュール(ベネビス)ベルメゾン

ラインミュール(ベネビス)(新色/イエロー)

実物の傍に、カタログ本が開いてあったから、感じた事だけど、実際の色のほうが「夏らしい」明るいカラーに見えましたよ。

今年の春頃から、人気の高かったネオンカラーがもつ華やかさ。イエローとブルーの配色も、旬を思わせます。

ラインミュールは、みんなのリクエストから復活した「ベネビス」です。変わらず履き易く、新しい色を揃え、今も人気のサンダルになっているそうです。

ベルメゾンネット リンクシェア レビュー・アフィリエイト