アシックスのウォーキングシューズ「pedala(ペダラ)」を履いて、軽井沢にやってきました。

3月下旬、遠くの山肌にはまだ雪が見えます。空気が冷たいけれど、気持ちいい♪

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

正直、山歩きは得意ではない。道中は車移動だし、軽井沢駅前にあるプリンスショッピングプラザのアウトレット内を散歩してみることにしました。

一日歩き回ってから万歩計を見ると、約7500歩になっていましたよ。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

当ブログ記事は商品の提供をいただいた上で執筆しております。シューズ提供/アシックス

強欲に??店から店へと楽しく歩いてきたせいでしょうか、全然疲れなかった。敷地内が広いのでまずまずの運動量になるんですね。

  1. <ペダラとは?>旅行用・タウン用のアシックスウォーキング
  2. <クッション性>弾むような♪新ソールが着地の衝撃を和らげる
  3. <安定性>連動する「踵」と「つま先」デザインのメリット【動画】
  4. <履いてみたよ>ウィメンズ ウォーキングシューズ ペダラWP555N

<ペダラとは?>旅行用・タウン用のアシックスウォーキング

ペダラは、スポーツブランドのアシックスが、足に優しく歩きやすい靴を目指して作り続けている「ウォーキングシューズ」です。

古くは1983年から展開されてきたそうで、現在は50代からの男女の安全で快適な歩行を支えながら、豊富なデザインでおしゃれも楽しめるシューズになっています。

私が履いているのは、スポーティタイプのペダラです。見た目はまさにスニーカー。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

一流メーカーのスポーツシューズでも、目的に合った靴選びは大事なことですので、

ペダラの場合は、激しい運動をする為ではなく街中を歩いたり旅行のお供に最適なウォーキングシューズとして活用されています。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

この中にはアシックスが、長年アスリートを支えるために培ってきたテクノロジーが応用されていて、

日常の様々なシーンで快適に過ごせる工夫が、ウォーキング用のシューズにも取り込まれているそうですよ。

イベントで、アシックスの方にシューズの特長を解説していただきましたので紹介します。

もくじに戻る

<クッション性>弾むような♪新ソールが着地の衝撃を和らげる

↓ペダラ断面図(スポーティシリーズ)

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

展示会へ行くと、新たなソールを採用したというアシックスpedalaが、真っ二つにされておりました(カラフルな部分はインソールで、取り外しも可能です)

↓インナーソール(取り外し式)

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

これまでのペダラには、かかと部分にわかりやすく衝撃緩衝性素材「GEL(ゲル)」を示すパーツが付いていたようですが、最近は内蔵型になってきているみたい。

↓写真はちょっと分かりずらいけれど(↓ココに)GEL入り。刻印が目印です。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

ウォーキングシューズの内部には、asicsのスポーツシューズにも使われているゲルが入っていて、

歩行時にかかる衝撃は、足の疲れや痛みの原因になりやすいですから、かかとのゲルが負担を緩衝させる役割になっているそうです。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

樹脂製のクロックスみたいな、柔らかな低反発シューズが好きで普段よく履いていますが、こちらを肌触りとか“踏み心地”みたいなクッション性だとすると、

アシックスのシューズは、足が地面に着くときの反発力に「軽さ」を感じますので、“蹴り心地”といいますか、、、気持ち良くずっと歩き続けられるイメージでした。

「今日は歩くぞーー!」っていう日に。履きたくなるシューズです♪

もくじに戻る

<安定性>連動する「踵」と「つま先」デザインのメリット

ウォーキングの足運びは「つま先」と「かかと」の両方が地面に着く動きを繰り返します。その行動に着目してデザインされたのが、ペダラのアウトソールです。

このシューズの一番の特長でもあるそうなので、じっくり見てみよう♪

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

双方のデザインを連動させることで生まれるのが、歩行時の安定性です。

踏み出した片足のみで支えるのではなく、つま先と踵パーツの相乗によって安定を高めるしくみなのだそう・・・

って・・説明でわかります?

わかりにくいと思った方は動画でご覧ください。一部、アシックスの方に解説して頂きましたので、ペダラを知るには必見です!!

着用アイテム/PEDALA®WP555N-93(シルバー)

ウィメンズ ウォーキングシューズ<ペダラ>WP555Nモデル

輝く「銀色のペダラ」を履いています。2016年の新作で、モデルの黒田知永子さんがプロデュースされたウォーキングシューズです。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

天然皮革を使った高級感のあるスニーカータイプで、アッパー(甲)はパンチング仕様のパールレザーが使われています。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

最初は派手かな?、、、と思ったけれど、

写真でも。接写で銀色を撮ると、どうしてもイメージを伝えにくいのですが、引きで撮ると温かみのある明るめのシルバーが風景と上手く馴染むんです。

そんなにピカピカ☆には映らないので、実際に履いてみると、履きやすい色でしたよ。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

こちらの写真では、バッグの色を同系に、ガンメタ系(黒っぽいシルバー)にして合わせてみました。素材は合皮です。

反対にシューズのほうは、明るいシルバーで肌まで明るく見せてくれる♪ 嬉しい効果も発見。

リアルレザーの光沢もなかなか上品で、この輝きは大人のスニーカーといった感じ。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

何より!この靴を企画された黒田さんは、あの美貌で1961年生まれなんですよ。

50代女性向きのファッション雑誌eclat(エクラ)では、毎号表紙モデルで登場。ご本人も「年をとるのも悪くない」と語られており、

若い時とはファッションの感覚も変わってくるけれど、撮影で色々な服を着るから「こういうのも着れるんだな」と、常に新しい“気付き”があるそうです。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

おさらいすると、アシックスペダラは50代以上の大人のために作られた、デザイン性の高いウォーキングシューズなのだ。

40代の私でも、銀色のスニーカーに挑戦するなんて初めての事でしたが、、、実は、すっごく気にいってます♪

思いのほか(笑)ウォーキング用の靴が、ここまでファション性が高かった事に驚きましたし、勿論、履きごこちにも大満足です。

万人受けとは言えませんが、時々はこういう新風ペダラが出てきてくれると嬉しいです。スポーツブランドが長くシリーズ化しているシューズには、やはり選ばれる理由があるのかもしれないですね。

歩ける♪ヒールやサンダルも⇒2016春夏アシックスウォーキング

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア