大のお気に入りであるアシックスのウォーキングパンプス「GIRO(ジーロ)」がまた一足増えたのでレビューします。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

型番は同じ。「WG976N」を今回も色違いでリピートしました。その理由は、

ハイヒールパンプスなのにクッションが優秀で、足に負担がかかりにくい。

足入れした瞬間からフワっと気持ちのよいインソールと、長時間履いて歩いても疲れにくいスポーツブランドが作るレディースシューズ。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

靴はシンプルすぎるくらいが使い勝手がよく、コーデもしやすいですよね。

またエナメルレザー(革靴)の品質は履く度に足に馴染んでいきますので、ビジネスシーンや通勤用にも向いています。

  1. <仕事靴>ワークシューズとウォーキングシューズ
  2. <ベージュの選択>ピンクベージュとエレガントベージュ
  3. <アシックス ジーロ>機能性・履き心地・お手入れ方法

<仕事靴>ワークシューズとウォーキングシューズ

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

立ち仕事に従事される方向けに“ワークシューズ”というカテゴリーがあります。

個人的なイメージとしては、アシックスの靴は、ただ立っているだけの業務でもなく、省スペースのみで移動が伴うルーティンワークでもなく、、

もっとアクティブに動くための『ウォーキングパンプス』という位置付けがピッタリ。asicsが作ったのは「歩くための靴」だと思います。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

「履いて」疲れないのは勿論、実際に「歩いて」パフォーマンスを発揮するのは、やはりスポーツシューズを作ってるメーカーだからでしょうか。ブランドにも信頼がおけます。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

この靴、ヒールの高さは7cmあるんですよ。それを感じさせない履き心地の良さは本当にスゴイです。

一日で7000歩~1万歩、靴による違和感がなく歩ければ、自分に合ったシューズだと判断しています。

私にとっては、もうスニーカーと同列。着用頻度で比べれば、スニーカー以上かもしれません。

信じられないかもしれませんが、ニュートラルなアライメントがとれる一番ラクなポジションでもあり、ヒールを履くとなんだか気持ちまで引き締まる気がします。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

【アシックス・パンプスの特長】

  • 独自のソフトクッションヒールで耳障りな「コツコツ音」が鳴りにくい
  • 硬さの異なるヒール構造で歩行時の体重移動がスムーズになります

さらに、かかとがUPすればスカートでもパンツでもスタイルが良く見えますから、背の低い私は本当にこればかり履いてしまうんですよね。

<ベージュの選択>ピンクベージュとエレガントベージュ

ベージュ系の靴は人の素肌に近い色味なので、脚から靴までが繋がるような視覚効果をもたらし、脚長に見えることで人気のある代表的なカラーです。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

化粧品のファンデーションに色見本があるように、微妙な色の違いがネットでは伝わりずらく、1足目のジーロを選ぶ際はものすごく時間をかけました。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

掲載パンプス(WG976N)のカラー展開にも販売終了色があり現在は変わってきていますが、類似する5cmヒール(WG977N)も含めると『ベージュ』にもいろいろ種類があるようです。

このシリーズでアシックスが取扱うのは「Eベージュ」、「Eピンクベージュ」、「Eダークベージュ」、「Kグレーベージュ※型押し

 

↓↓Eダークベージュ(5cmヒール)WG977N

写真(左)Eベージュ / (右)Eピンクベージュ WG976N
アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

私の場合、肌に近いのはEピンクベージュですが、大抵はストッキングを着用した上で履きますからね。逆にEベージュが馴染んできたりと、

靴は消耗品だという考えもあって、結局どちらも買っちゃいましたが、、、

こうして揃えてみるとベージュにも色の違いがあり、「Eピンクベージュ」は可愛く、赤みを抑えた「Eベージュ」はクールな印象です。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

<アシックス ジーロ>機能性・履き心地・お手入れ方法

靴の写真を撮るのが好きで、ジーロのヒールの形成はたまらなく好きなのですが、美しいばかりの靴ではありません。

ウォーキングパンプスの見た目以上に高い機能性をご紹介します。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

【WG976N】アシックス ジーロ

ヒールの高さ別にヒールポジションを分析したパンプス。繊細なヒールに心地よさをプラス。安定性に配慮したパンプスです。

生産国:日本 製法:セメンテッド ヒール高:7.0cm アッパー素材:天然皮革 アウター素材:ゴム底 オールソール取替可

ハイヒールでの着地を不安定にさせない「ゴム底」は、縦にも横にも滑りにくく、安心感があります。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

土踏まずに立体的なアーチをもつシューズは、コンフォートシューズとして販売される事が多いのですが、

(↓この部分)盛ったクッションが丸見えだったり、あえて接着させないのか??ガバガバに浮いている靴をたまに見かけます。

アシックスのパンプスはしっかり接着され、浮いてないです。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

足の縦アーチを支える箇所でもありますから(土踏まずは)少し硬めです。

また拇指球(親指付け根のふくらみ)は、長時間のパンプス使用時に自体重がかかりやすく足裏の痛みを感じやすい箇所ですが、ジーロはクッション性も高く、足入れが良いです。私は履いた瞬間に幸せな気分になります。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

靴内部を見てみると足指側はメッシュ構造になっていて、アッパー(バンプ)全体に通気を助ける作りになっています。

エナメルレザーは素材上、気密性が高くなるため、私はこれまであまり履いてこなかったのですが、ジーロは一日中履いていてもあまり蒸れを気にすることはありません。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

お手入れ方法も簡単で、革靴用クリームはエナメルの光沢を曇らせてしまうため、通常は毛羽立ちがない柔らかい布で拭き取る程度でOKですが、

「エナメル用」として特化したお手入れ用品もありますので、パンプスの履きジワが気になる場合は補ってあげてもいいと思いますよ。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

【アシックスのウオーキングシューズについて】

アシックスでは、スポーツシューズの作製で培ってきた知見を生かし、ビジネスシーンやカジュアルシーンに応じたウオーキングシューズを1983年から展開しています。使用する目的やシーンに応じて以下の“8大機能”を適宜盛り込んでいます。

「軽量性」 「グリップ性」 「クッション性」 「フィット性」「通気性」 「耐久性」 「安定性」 「屈曲性」

これらの機能がスムーズな足の動きをサポートします。

足に合わない靴を履いた時に、痛い「かかと」の靴ズレを経験したことはありませんか?

ジーロのかかとに、こんもりと膨らみがあるのがわかるでしょうか。『ヒールグリップ』の弾力は着用時に優しく踵に触れるので靴によるトラブルが起こりにくいです。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

(オマケで載せます、、)私が初めてアシックスのパンプスを履いたときに驚いたこと。

ブランドタグの紐が靴を貫通し、商品に穴が開いていること。新品のパンプス、これがデフォルトです↓↓

正直、残念な仕様だとも思いましたが、今はもう慣れました。この靴にはそれが気にならないくらいの価値がある。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

大好きなジーロ。最近はスキニーデニムにあわせて履いています。イメージ同士が異なるダメージフーディとハイヒールのコーディネート。

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

遅刻しそうな時、本当に駅まで走れた、無敵の7cmヒール。ストラップ無しでもしっかり歩けるシンデレラフィット。

靴好きが高じていろいろ履かせてもらったりもしますが、なかなかここまで大絶賛したくなる靴は少ないです。3足目のリピですし、書いてる内容は信じていただきたい。

個人差はありますので、ASICS WALKINGの実店舗にはシューフィッターさんもいらっしゃいますから、初めてトライする方はまずは足を入れてみることをおすすめします。無料で3D計測も出来ますし、より足に合う靴型を見つけてくれると思います。

アシックスウォーキング黒田知永子モデルペダラ pedala wp555n

アシックスウォーキングパンプス GIROジーロ WG976N

長時間のオフィス履き、通勤にも最適なレザーパンプス。ウォーキングシューズの「ジーロ」をご紹介しました。

アシックスのレディースシューズには、ジーロより低めのヒールで足への優しさ、快適さを追求した「pedala(ペダラ)」や、

2018年3月から新コレクションとして始動した「runwalk(ランウォーク)」もございます。もとはメンズビジネスシューズ、フォーマルを意識したスタイリッシュなシリーズでしたが、新たに女性用パンプスのラインが展開されています。

ランウォーク/WR776T-E23

スポーツブランドならではの機能性は勿論のこと、ヒールの高さもジーロに並ぶハイヒールから~(ヒール高2cm)ローヒールまで幅広いため、新作も気になる一足となりそうです。

<まとめ>アシックスウォーキング・ブランド別 分類イメージ

シリーズ名 主なターゲット 主なラインアップ
pedala (ペダラ) 50~60代の男女 健康に対する関心が高い方 旅行用、タウン用などの快適シューズ
Runwalk (ランウォーク) 20~50代の男女 ビジネスパーソン ビジネスシューズ
GIRO (ジーロ) 30~40代の男女 活動的な生活を好む方 レザーシューズ・スニーカー

【ASICS】 アシックス公式/オンラインストアはこちら

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア