もうそろそろ、春靴を準備したい頃ですね。(最終更新/2016-09-24)

UGGアグ ムートンモカシン アンスレーシャイニーレオパード

防寒に役立つUGGブーツ。ふかふかムートンと柔らかなシープスキンに足を守られていた冬から、少し軽めのアグを探したいと思って、

春先に履く、モカシンシューズを探しにUGG(アグオーストラリア)の直営アウトレット店に行ってきました。

ぺたんこ靴・ANSLEY(アンスレー)の履き心地と、2016アグ春夏コレクションを紹介します。

UGGムートンモカシン・ANSLEY(アンスレー)

UGGアグ ムートンモカシン アンスレーシャイニーレオパード

私事ではありますが、引っ越しまして、、、

ファッション系だとユニクロ、GU、しまむら2店舗、すべて徒歩圏内にあったり。以前住んでいた場所と違って、他にも衣食住の買い物が気軽にできる地域にやってきました。

そうなると、散歩をする機会も増えるわけで。冬のシーズン中には随分とアグさんにお世話になりました。

UGGアグ ムートンモカシン アンスレーシャイニーレオパード

ファッション誌でも、1マイルコーデ(ご近所履きに)とか、3マイル(家からちょっとだけ遠くまで)に合わせやすい靴として取り上げられてきたUGG。

天然ウールの踏みごこち、、、もとい、履きごこちは最高で、アグブーツはカジュアル派の冬の定番アイテムにもなっています。

UGGアグ ムートンモカシン アンスレーシャイニーレオパード

勿体ながらずに普段履きにすると、やはり快適なんですよ。

タイツを履いていても、天然ウールの起毛が足裏を包む感覚がハッキリと分かり、ふわふわっとしていて気持ちいい♪

だんだんと、街中のショップに春めきファッションが目立つようになると、

ミニ丈ブーツより、少し足元の印象を軽くしたいから、ムートンモカシンに挑戦してみようと思いました。

UGGアグ ムートンモカシン アンスレーシャイニーレオパード

UGG(R) ウィメンズ モカシン一覧ページ

<CHECK!>アグのモカシン 基本スペック

アグのモカシンといえば、リボンのついたDakota(ダコタ)、そしてドライビングモカシンのAnsley(アンスレー)が人気らしいですね。

わたしの初モカシン。店員さんと話していて初めて知りましたが、アッパーは豚ちゃんのスエードだったのね?!(羊ではなく!)

ブーツに使われているシープスキンはとても柔らかいので、モカシンのように靴底から生地がはみ出しているデザインだと、摩擦による消耗が避けられず、デメリットになるのだそう。

UGGアグ ムートンモカシン アンスレーシャイニーレオパード

履いているときも型崩れがしにくい上に、アウトソールも「モールドラバー」仕立てで、EVAの靴底(クラシックブーツなど)より擦り減りにくそうでした。

私の場合、アンスレーのサイズも、ブーツと同じで丁度よかったです。

アグは、着用しているうちに少しゆるくなるだろうと思って、サイズを決めていますが、豚皮や牛皮の靴はハードですので、羊皮ほどの変化はないのかな、、、という気もします。ま、そこは、履いてみますね~♪

<アウトレットUGG>バック&サイドスタイル・アグ

アウトレットモール内のUGGでは、ブーツやモカシン、バッグや小物類などが30%OFFで販売されていることが多く、

アウトレット限定モデルのアグブーツも置いています。50%OFFアイテムが並ぶB級品コーナーも狙い目ですよ。

最近、細身になった次世代アグは、アウトレット店ではまだ見当たりませんでしたが、人気アイテムの「ボタン」や「リボン」シリーズは十分な取り揃えでした。

UGG アグ ミニベイリーボウ コーデュロイ

店員さんと、ちょこっと立ち話していて気になったんだけれど、、、

あの「ベイリーボタン」や「ベイリーボウ(リボン)」の新作が出ていないのだとか?!

春夏は明るめにカラーチェンジする、ボタンデザインを変更してリリースされる、そんな定番シリーズだと思っていましたが、、、

変動があるのかな。秋冬のコレクションでまた戻ってくるかな?

<2016春夏モデル>UGGクラシックブーツ

ウィメンズ クラシック ミニ プリ<2016春夏モデル>こちらの商品は販売終了しました

UGG・2016新作ブーツは、シーズンテーマでもある「クラシックカー」をイメージしたモデルや、ラブリーなディズニーコラボ アグが登場していますよ。

最新モデルはこちら⇒UGG(R) ウィメンズ クラシック一覧ページ

<2016秋冬モデル>ウィメンズ クラシック ミニ II/グレー

次世代UGG<クラシックスリム>はスタイリッシュ

そういえば今季、UGGではブーツの大胆なアップデートが行われて、アグブーツが「スリム化」したんでしたっけ?!

2016年1月から、新コレクションの『UGG CLASSIC SLIM(クラシックスリム)』が導入されたのです。

進化したUGGは、すっきりしたラインで、もっとスタイリッシュにムートンブーツを履きたかった方には嬉しいデザインになっていますよ。

(一部の直営店(渋谷/銀座/大阪/神戸/札幌)と公式サイト限定商品)

ウィメンズ アブリー ショート(クラシックラックス コレクション)こちらの商品は販売終了しました

ウィメンズ カラ/チェスナット

UGGクラシックスリムに先駆けて、10月よりリリースされたイタリアンメイドの『CLASSIC LUXE COLLECTION(クラシックラックス コレクション)』も、見た目がスマートなUGGになっています。

<2016年モデル>アグ・クラシックスリムの特長

クラシックスリムの特長は、シャフトの改良でブーツが細身になったこと。ヒールは「フラット」と「ウェッジソール」の2種類から選べるようになりました。

ソールには、トレイドライト バイ アグ()を採用していますので、着用時に起こる地面との摩擦にも強くなり、ラバー張りの靴の重たさを回避しながら軽さを実現しています。

シャフトの高さは3段階でお好みの丈が選べます。撥水加工もついているから安心。

ミニ丈/14cm  ショート/22.9cm トール/31.8cm
 フラット Cory(コーリー) Michelle(ミッシェル)
 ウェッジヒール  Kristin(クリスティン)  Amie(アミ)  KARA(カラ)
  • ウエッジヒールの高さは約3.8cm
  • ()Treadlite by UGG(トレイドライト バイ アグ)とは?⇒ 2015春夏から投入した、ゴムが配合された耐久性のあるアウトソール。摩耗性に優れている。

 

季節は春へと向かっていますが、冬だろうとスカートを穿いていたい自分は、あったかそうなトール(ロングブーツ)のアグが前々から気になっていたんですよね。

ウィメンズ クラシックトール

未だにもっていない理由は、ブーツ丈に比例して高額というのもアリますが(笑)スタイルも。もこもこのライニングが足を余計に太く見せてしまうのでは、、、?!

、、、なんてナイーブな悩みも持っていましたので「スマートなUGG」と「ウエッジヒール」の合わせ技は、より軽やかにアグを演出できるはず!

2016年2月にはアグのスプリングコレクションが発表されています。限定コラボシューズや新作アグのアップグレードにも注目したいですね。

現在は2016秋冬の新作コレクション 50スタイル以上がラインナップされています。

最新モデルはこちら⇒UGG(R) ウィメンズ シューズ一覧ページ

UGG(R) 公式サイト(アグ 公式サイト)