ベルメゾンの基幹ブランド「ベルメゾンデイズ」2016秋冬コートを着用した感想です。第一印象では、どれも『軽さ』に驚きました!

ベルメゾンデイズ2016秋冬コート スライバーニット エアーウール マカロンウール

ふんわり軽さが魅力のスライバーニットは、イタリア生地を使用。空気層が生まれる柔らかな編み方により、軽量仕上げのエアーウールは見た目より、ずっと軽かったです。

なんだか可愛い?名前が付いてる、マカロンウールまで登場。その軽さだけは甲乙つけがたく、今年は軽さ+おしゃれ度でコートを選んでほしいとのこと。

・・というわけで、趣味と取材を兼ねて、ぜーんぶ着てみましたよ↓↓

それぞれに特長があるそうなので、解説していただいたポイントを動画でご紹介します。

ベルメゾンデイズ2016秋冬コート スライバーニット エアーウール マカロンウール

とある お店のショップ店員さんと客、、、というような体で見ていただくと楽しめるかもしれません♪

↓↓コート選びに迷ったら、コチラをご覧ください。

<動画>突撃!ベルメゾン2016冬コート見せてくださいっ!レポート

動画に掲載した各アイテムを紹介します。

  1. アイテム① 軽い着心地のスライバーニットショールカラーコート
  2. アイテム② 軽い着心地のエアーウールジャケット&コート
  3. アイテム③ マカロンウールノーカラーコート【日本生地】

アイテム① 軽い着心地のスライバーニットショールカラーコート

2~3年前から耳にするようになった「スライバーニット」。ニットと言っても、通常のニットとは編み方が違うそうです。

軽い着心地のスライバーニットショールカラーコート(BELLE MAISON DAYS)

完全にアウター(コート)に分類されますし、立体的なショール襟で首まわりまで暖かく。裏地は風を通しにくいように、薄中わたを使っています。

軽い着心地のスライバーニットショールカラーコート(BELLE MAISON DAYS)

素材:(織物)ポリエステル77%、毛23%(スライバー)

軽い着心地のスライバーニットショールカラーコート(BELLE MAISON DAYS)

スライバーとは、糸を撚らずに繊維をヒモ状に整えた無撚糸(むねんし)のこと。糸の密度が減るので一般的なニットよりも柔かく・軽いのが特長

空気も含み易くなりますので、暖かさが保てる 超・軽量コート。いろいろ羽織ってみましたが、見た目も軽くみえるのは、このスライバーニットとのこと。

軽い着心地のスライバーニットショールカラーコート(BELLE MAISON DAYS)

T157cm/Mサイズ着用

着ていて、肩が凝りにくそうなアウターでしたよ。襟は個性的ですが、ボディラインはとってもシンプル。年齢を問わず、パンツでもスカートでも合わせやすいハーフ丈のスタイルです。

軽い着心地のスライバーニットショールカラーコート(BELLE MAISON DAYS)

アイテム② 軽い着心地のエアーウールジャケット&コート

エアーウールのコートは、一般的なウールよりも、ふっくら ゆっくり編むことで空気の層が生まれ、軽く暖かく着られます。

ベルメゾンデイズ 軽い着心地のエアーウール ジャケットコート ステンカラーコート

丈の違う2タイプを着用してみました。

ベルメゾンデイズ 軽い着心地のエアーウール ジャケットコート ステンカラーコート

(左)短め丈:ジャケット感覚で羽織れるカジュアルな丈感のエアーウールコート。

(右)長めのステンカラーコートは、ベーシックなスタイルで、きれいめにもコーディネートできそう。

ベルメゾンデイズ 軽い着心地のエアーウール ジャケットコート ステンカラーコート

共通素材:(織物)毛87%、ナイロン11%、ポリエステル2%(モッサ)

全く(ウール素材にありがちな)重さを感じません。それなのに、ウール87%を使ったクオリティだというから、、スゴイ!

薄くもなく、もたつかない程よい厚みのある生地。ふわっとしているのに、着ぶくれしにくい印象です。

ベルメゾンデイズ 軽い着心地のエアーウール ジャケットコート ステンカラーコート

軽い着心地のエアーウールステンカラーコート【ネット限定サイズあり】(BELLE MAISON DAYS)

今回は結構、写真撮ったよね?(で、撮影者本人が思ったのですが・・)

冬アウターには稀な 着痩せ効果がありそうなので、個人的には、エアーウール押しです!

ベルメゾンデイズ 軽い着心地のエアーウール ジャケットコート ステンカラーコート

軽い着心地のエアーウールジャケットコート(BELLE MAISON DAYS)

アイテム③ マカロンウールノーカラーコート【日本生地】

フレンチテイスト。だけど、日本生地「マカロンウール」を使用した可愛らしいコートです。なにがカワイイ?って、、名前がかわいい♪

ベルメゾンデイズ マカロンウールノーカラーコート【日本生地】(BELLE MAISON DAYS)

トリコロールのタグもおしゃれなので、コートを脱いでも様になるんです。

ベルメゾンデイズ マカロンウールノーカラーコート【日本生地】(BELLE MAISON DAYS)

マカロンウールとは、お菓子の“マカロン”のような繊細な細い糸で編んだ生地のこと。

大人っぽいノーカラーコートを、旬のオーバーサイズ シルエットで着こなせる。上品な冬アウターです。

ベルメゾンデイズ マカロンウールノーカラーコート【日本生地】(BELLE MAISON DAYS)

マカロンウールノーカラーコート【日本生地】(BELLE MAISON DAYS)

ボタンやボタン穴が見えないように隠れる、比翼仕立てのフロントも洗練されたイメージでしたよ。

スライバーニットや、エアーウールに比べると、起毛があまりないフラットな生地に見えました。でも、素材は⇒毛100%(綾織)なんですよね。

そして!「ノーカラー」のメリットは、首が短くたって、見た目の印象がスッキリすることですね。このコートを着てそう思いました(笑

↓コーディネート例です

ベルメゾンネットでは、今年らしく“おしゃれに あったかく”着られる、アウターセレクションが特集されています。

季節の移り変わりによる温度差に着目し、秋の終わり(気温12~15℃)から~真冬の到来(~6℃)を経て、春まで着回すアウターが紹介されていますよ。

特集⇒この冬らしく、着こなせるアウターセレクション

秋の終わりにおすすめなアウター(気温12~15℃)

  • ノーカラーコート:首元をスッキリ見せ、秋と冬の両方を楽しめるデザイン。小顔効果も期待できる。
  • コーディガン:コートみたいなカーディガンは軽く羽織れてあったか。ビッグフードの旬スタイルで。

冬の始まり7~11℃)当記事 掲載アイテム※

  • エアーウール:軽い着心地。空気をたっぷり含むため暖かく、ストレスフリーな重ね着ができる。
  • スライバーニット:見た目より軽い着用感。トレンド感のあるスタイルで着こなせます。

いよいよ、真冬の到来(~6℃)

本格的な冬の寒さの到来です。最強のあったかアウターで暖かく乗り切りたいですね。これから選ぶならこちらがおすすめ。

  • 高機能中綿コート:真冬も着られるスペックの中綿入りアウター。スポーツ観戦やベンチコートとしてもOK

暖かさ抜群高機能暖かベンチコート(BELLE MAISON DAYS)

  • ダウンコート:真冬の防寒対策ならコレ!今年は「ウール見え」や「ビッグカラー(襟)」などデザインも豊富です。

上品に着られるウール見えダウンダッフルコート(BELLE MAISON DAYS)

軽い着心地のスライバーニット ショールカラーコート (BELLE MAISON DAYS)

今回、私が試着したコートは主に、コーディガン以上、ダウンコート以下。その中間にあたる保温性で、冬の間 長く着られるウール素材をメーンに使ったアイテムです。

まずは本格的な冬に突入する、寒さ対策の準備から。冬の始まりは、防寒アウターの醍醐味とデザイン性の両方を兼ね備えた、おしゃれなコートが重宝しそう。

さらに寒さが増す毎に、季節の需要に合ったアウターを備えておけば防寒対策はバッチリですね。

ベルメゾンネット